検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2017年10月2日時点での情報です。
ご注意下さい。
コード 検査項目 分類
00021 総蛋白(TP)
栄養状態と肝・腎機能の指標。肝硬変やネフローゼによる低蛋白血症で低下し、脱水や多発性骨髄腫などで上昇。
生化学検査
蛋白・膠質反応
00115 アルブミン(Alb)
肝臓で合成される血中の主たる輸送体蛋白。栄養状態の悪化や肝障害の程度を反映して低下する。
生化学検査
蛋白・膠質反応
00022 A/G
血中のアルブミン(A)とグロブリン総量(G)の比を算出したもの。重症肝疾患やM蛋白血症で低下、無γ-マグロブリン血症で上昇。
生化学検査
蛋白・膠質反応
00023 蛋白分画(PR-F)
血清中の蛋白質の構成比より、さまざまな病態の把握を行う基本的な検査。数値よりも分画パターンが重要。
生化学検査
蛋白・膠質反応
00006 TTT(チモール混濁反応)
ZTTと並び、代表的な血清膠質反応による肝機能検査。IgM濃度とよく相関し、A型肝炎や慢性肝疾患で高値に。
生化学検査
蛋白・膠質反応
00007 ZTT(硫酸亜鉛試験)
肝障害を見るための代表的な血清膠質反応。IgG、IgM濃度と相関し、慢性肝障害や多発性骨髄腫で高値に。
生化学検査
蛋白・膠質反応
00001 総ビリルビン(T-BIL)
ヘモグロビンやポルフィリン体の分解産物。総ビリルビンとその分画は、肝疾患の診断、黄疸の鑑別に有用。
生化学検査
生体色素
00002 直接ビリルビン(D-BIL)
肝でグルクロン酸抱合を受けたビリルビン。総ビリルビンとともに、肝疾患の診断、黄疸の鑑別などに重要な検査。
生化学検査
生体色素
00002 間接ビリルビン(I-BIL)
グルクロン酸抱合を受ける前のビリルビンで黄疸鑑別の指標。崩壊したヘモグロビンに由来し、溶血性貧血で上昇。
生化学検査
生体色素
00005 黄疸指数(モイレン) 生化学検査
生体色素

ページを閉じる