検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2018年4月2日時点の情報です。
ご注意下さい。
凍結 必ず凍結(-10℃以下)保存して下さい。凍結温度指定のあるものは、その旨記載致します。
なお、凍結指定の項目については原則として単独検体での出検をお願い致します。
冷蔵 4℃前後で保存して下さい。また、数日以上にわたって保存される場合は、凍結していただくようお願い致します。
なお、凍結不可の材料については、その旨記載致します。
常温 常温保存して下さい(20℃前後)。
遮光 直射日光または蛍光灯、紫外線を避けて保存して下さい。
8件該当
コード 検査項目 分類
00524
3L320
リチウム
双極性障害・躁状態の治療薬。中毒の予防と服薬コンプライアンスを見る目的で血中濃度を測定。
薬毒物検査
精神神経用剤
01603
3L300
ハロペリドール
統合失調症、双極性障害の治療に用いられるブチロフェノン系向精神薬の血中濃度測定。
薬毒物検査
精神神経用剤
05374
3L302
ブロムペリドール
抗幻覚、抗妄想作用を有するブチロフェノン系向精神薬。過剰投与で血圧降下、頻脈、錐体外路症状を呈する。
薬毒物検査
精神神経用剤
01597
3L265
クロルプロマジン
統合失調症や双極性障害に用いられる代表的向精神薬。血中濃度の推移には個人差が大きく、血中濃度測定が有用。
薬毒物検査
精神神経用剤
25515
3L315
レボメプロマジン 薬毒物検査
精神神経用剤
03233
3L255
アミトリプチリン・ノルトリプチリン
三環系抗うつ剤の一つ。他の抗うつ剤での効果が低い場合にも投与される。活性代謝物のノルトリプチリンを同時測定。
薬毒物検査
精神神経用剤
03235
3L310
イミプラミン・デシプラミン
第一世代三環系抗うつ剤の一つ。活性代謝物のデシプラミンを同時測定。
薬毒物検査
精神神経用剤
03201 三・四環系抗うつ薬スクリーニング 薬毒物検査
精神神経用剤

    ページを閉じる