検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2017年10月2日時点での情報です。
ご注意下さい。
12件該当
コード 検査項目 分類
26366 インフルエンザ
臨床的に重要とされるA, B型の抗体を検査。抗原性が毎年変化するため、既感染による免疫では感染防御が不十分で流行をみる
ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出(HI)
00288 パラインフルエンザ 1型(HA-2)
4つの型のうち、1~3型に病原性があり、主に呼吸器疾患を引き起こすウイルス。
ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出(HI)
00289 パラインフルエンザ 2型(CA)
4つの型のうち、1~3型に病原性があり、主に呼吸器疾患を引き起こすウイルス。
ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出(HI)
00290 パラインフルエンザ 3型(HA-1)
4つの型のうち、1~3型に病原性があり、主に呼吸器疾患を引き起こすウイルス。
ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出(HI)
00358 ムンプス
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の原因ウイルス。感染早期ではCF法、特異性ではNT法が有用。
ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出(HI)
00353 麻疹
“はしか”の原因ウイルス。急性感染の診断にはHI法かEIA-IgM。
ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出(HI)
00286 風疹
「三日はしか」といわれる発疹性感染症を引き起こすウイルス。妊娠初期の感染は先天性風疹症候群の原因となる。
ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出(HI)
00342 エコー 3型
エンテロウイルスに属するウイルス。28の血清型が知られており、主に神経系の疾患を引き起こす。
ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出(HI)
00343 エコー 7型
エンテロウイルスに属するウイルス。28の血清型が知られており、主に神経系の疾患を引き起こす。
ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出(HI)
00344 エコー 11型
エンテロウイルスに属するウイルス。28の血清型が知られており、主に神経系の疾患を引き起こす。
ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出(HI)

ページを閉じる