検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2017年10月2日時点での情報です。
ご注意下さい。
16件該当
コード 検査項目 分類
07320 リンパ球幼若化試験(全血微量培養法) PHA
リンパ球をマイトジェンで刺激して、細胞性免疫能を検査。PHAとConAはT細胞、PWMはT・B両細胞の機能を反映。
細胞性免疫検査
細胞機能検査
07324 リンパ球幼若化試験(全血微量培養法) ConA
リンパ球をマイトジェンで刺激して、細胞性免疫能を検査。PHAとConAはT細胞、PWMはT・B両細胞の機能を反映。
細胞性免疫検査
細胞機能検査
07328 リンパ球幼若化試験(全血微量培養法) PWM
リンパ球をマイトジェンで刺激して、細胞性免疫能を検査。PHAとConAはT細胞、PWMはT・B両細胞の機能を反映。
細胞性免疫検査
細胞機能検査
06747 リンパ球幼若化試験(リンパ球分離培養法) PHA
リンパ球をマイトジェンで刺激して、細胞性免疫能を検査。PHAとConAはT細胞、PWMはT・B両細胞の機能を反映。
細胞性免疫検査
細胞機能検査
06753 リンパ球幼若化試験(リンパ球分離培養法) ConA
リンパ球をマイトジェンで刺激して、細胞性免疫能を検査。PHAとConAはT細胞、PWMはT・B両細胞の機能を反映。
細胞性免疫検査
細胞機能検査
06750 リンパ球幼若化試験(リンパ球分離培養法) PWM
リンパ球をマイトジェンで刺激して、細胞性免疫能を検査。PHAとConAはT細胞、PWMはT・B両細胞の機能を反映。
細胞性免疫検査
細胞機能検査
薬剤によるリンパ球幼若化試験(リンパ球分離培養法)(LST)
薬物と患者リンパ球を一緒に培養し、リンパ球の幼若化率からアレルギーの起因薬剤を判定する検査。
細胞性免疫検査
細胞機能検査
07365 NK細胞活性
ナチュラルキラー(NK)細胞の活性を定量。悪性腫瘍や自己免疫性疾患などで免疫活性の指標となる。
細胞性免疫検査
細胞機能検査
08673 LAK活性 《非誘導》
LAKとはIL-2で誘導され、特異的に細胞を傷害する一群のキラー細胞。その活性は細胞性免疫の予備能を反映。
細胞性免疫検査
細胞機能検査
08224 LAK活性 《誘導》
LAKとはIL-2で誘導され、特異的に細胞を傷害する一群のキラー細胞。その活性は細胞性免疫の予備能を反映。
細胞性免疫検査
細胞機能検査

ページを閉じる