検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2018年4月2日時点の情報です。
ご注意下さい。
凍結 必ず凍結(-10℃以下)保存して下さい。凍結温度指定のあるものは、その旨記載致します。
なお、凍結指定の項目については原則として単独検体での出検をお願い致します。
冷蔵 4℃前後で保存して下さい。また、数日以上にわたって保存される場合は、凍結していただくようお願い致します。
なお、凍結不可の材料については、その旨記載致します。
常温 常温保存して下さい(20℃前後)。
遮光 直射日光または蛍光灯、紫外線を避けて保存して下さい。
17件該当
コード 検査項目 分類
45295
8C933
UGT1A1遺伝子多型解析
血球細胞のグルクロン酸転移酵素(UGT)遺伝子多型を調べることで抗悪性腫瘍剤イリノテカンの副作用発現を予測する検査。
遺伝子関連検査
癌関連遺伝子
45366
8C155
ベムラフェニブBRAF遺伝子変異解析
細胞内シグナル伝達を阻害する抗がん剤「ベムラフェニブ」の「悪性黒色腫」に対する治療効果を予測する検査。
遺伝子関連検査
癌関連遺伝子
45561
8C155
ダブラフェニブBRAF遺伝子変異解析 遺伝子関連検査
癌関連遺伝子
45545
8C051
EGFR遺伝子変異解析コバスv2 遺伝子関連検査
癌関連遺伝子
45592
8C051
EGFR遺伝子変異解析コバスv2 〈血漿〉 遺伝子関連検査
癌関連遺伝子
04584
8C051
EGFR遺伝子変異解析
抗癌剤ゲフィチニブの効果を予測する検査。変異があると効く可能性が高まる。
遺伝子関連検査
癌関連遺伝子
45600 EGFR C797S変異解析
非小細胞肺癌(NSCLC)のEGFR-TKI製剤の投与適応を診断するための検査。
遺伝子関連検査
癌関連遺伝子
45601 EGFR C797S変異解析 〈血漿〉
非小細胞肺癌(NSCLC)のEGFR-TKI製剤の投与適応を診断するための検査。
遺伝子関連検査
癌関連遺伝子
45602
8C055
ROS1融合遺伝子解析
クリゾチニブ投与適応を診断するための検査。
遺伝子関連検査
癌関連遺伝子
45416
8C059
c-kit遺伝子変異解析(GIST)
c-kit遺伝子変異などが腫瘍の発生、増悪の原因とされている消化管間質腫瘍(GIST)の検査。治療抵抗性の遺伝子変異や治療後の2次耐性変異などが存在することから、投薬治療前にこれら遺伝子変異の確認が重要となる。
遺伝子関連検査
癌関連遺伝子

ページを閉じる