検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2018年4月2日時点の情報です。
ご注意下さい。
凍結 必ず凍結(-10℃以下)保存して下さい。凍結温度指定のあるものは、その旨記載致します。
なお、凍結指定の項目については原則として単独検体での出検をお願い致します。
冷蔵 4℃前後で保存して下さい。また、数日以上にわたって保存される場合は、凍結していただくようお願い致します。
なお、凍結不可の材料については、その旨記載致します。
常温 常温保存して下さい(20℃前後)。
遮光 直射日光または蛍光灯、紫外線を避けて保存して下さい。
5件該当
コード 検査項目 分類
00792
1Z010
穿刺液 蛋白定量
腹水・胸水などの穿刺液中の蛋白量を測定することにより、浸出液か漏出液かを判定。
一般臨床検査
腹水・胸水・穿刺液検査
00793
1Z015
穿刺液 糖定量
漏出液では血糖値に近く、浸出液では低値を示す。
一般臨床検査
腹水・胸水・穿刺液検査
00790
1Z035
リバルタ反応
腹水・胸水などの蛋白量を定性反応で判定する簡易検査。浸出液で陽性、漏出液で陰性に。
一般臨床検査
腹水・胸水・穿刺液検査
00791
1Z020
穿刺液 比重 一般臨床検査
腹水・胸水・穿刺液検査
00794
1Z045
穿刺液 沈渣
腹水・胸水を検鏡して腹腔内、胸膜内の炎症や悪性腫瘍を診断する検査。
一般臨床検査
腹水・胸水・穿刺液検査

    ページを閉じる