検査項目解説検査項目解説

保険点数は2018年4月1日の最新情報ですが、
それ以外の情報である
検査要項およびチャート中の保険点数情報
に関しては最新ではありません。
ご了承ください。
(検査要項:入力コード、項目名、検査方法、
検査材料、検体量、容器画像、所要日数、
基準値、備考、チャート等)
30件該当
コード 検査項目 分類
25396 レベチラセタム
他剤で十分効果が得られないとき、併用される抗てんかん薬。
神経終末のシナプス小胞蛋白質2A(SV2A)との結合で、発作抑制作用を発揮。
薬毒物検査
抗てんかん剤
26788 フェンタニル 薬毒物検査
鎮痛剤
胃癌HER2/neu《FISH法》 病理学検査
病理組織検査
胃癌HER2/neu《IHC法》 病理学検査
病理組織検査
胃がんリスク層別化検査(ABC分類)
ペプシノゲンと抗ヘリコバクター・ピロリIgG抗体の血中濃度を同時に測定することで、萎縮性胃炎と胃癌のリスクを推定する検査。
生化学検査
酵素
05171 異性間骨髄移植(BMT) 染色体検査
血液疾患染色体検査・その他
25904 ルフィナミド
てんかんの一種Lennox-Gastaut症候群に併用薬として使われる新薬。
薬剤により相互作用が異なるためTDMが有用。
薬毒物検査
抗てんかん剤
01834 抗胃壁細胞抗体(抗パリエタル細胞抗体)
胃壁細胞の原形質に対する自己抗体。悪性貧血患者の血中に高率で出現する。
免疫血清学検査
自己免疫関連
25717 イマチニブ
チロシンキナーゼを阻害する分子標的薬。
慢性骨髄性白血病や一部の急性リンパ性白血病、GISTの治療に用いられる。
薬毒物検査
抗悪性腫瘍剤
03235 イミプラミン・デシプラミン
第一世代三環系抗うつ剤の一つ。活性代謝物のデシプラミンを同時測定。
薬毒物検査
精神神経用剤

ページを閉じる