検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2018年4月2日時点の情報です。
(但し、一部チャートを除く)ご注意下さい。
凍結 必ず凍結(-10℃以下)保存して下さい。凍結温度指定のあるものは、その旨記載致します。
なお、凍結指定の項目については原則として単独検体での出検をお願い致します。
冷蔵 4℃前後で保存して下さい。また、数日以上にわたって保存される場合は、凍結していただくようお願い致します。
なお、凍結不可の材料については、その旨記載致します。
常温 常温保存して下さい(20℃前後)。
遮光 直射日光または蛍光灯、紫外線を避けて保存して下さい。
30件該当
コード 検査項目 分類
25396
3L230
レベチラセタム
他剤で十分効果が得られないとき、併用される抗てんかん薬。
神経終末のシナプス小胞蛋白質2A(SV2A)との結合で、発作抑制作用を発揮。
薬毒物検査
抗てんかん剤
26788 フェンタニル 薬毒物検査
鎮痛剤
胃癌HER2/neu《FISH法》 病理学検査
病理組織検査
胃癌HER2/neu《IHC法》 病理学検査
病理組織検査
胃がんリスク層別化検査(ABC分類)
ペプシノゲンと抗ヘリコバクター・ピロリIgG抗体の血中濃度を同時に測定することで、萎縮性胃炎と胃癌のリスクを推定する検査。
生化学検査
酵素
05171
8B550
異性間骨髄移植(BMT) 染色体検査
血液疾患染色体検査・その他
25904
3L240
ルフィナミド
てんかんの一種Lennox-Gastaut症候群に併用薬として使われる新薬。
薬剤により相互作用が異なるためTDMが有用。
薬毒物検査
抗てんかん剤
01834
5G185
抗胃壁細胞抗体(抗パリエタル細胞抗体)
胃壁細胞の原形質に対する自己抗体。悪性貧血患者の血中に高率で出現する。
免疫血清学検査
自己免疫関連
25717
3M750
イマチニブ
チロシンキナーゼを阻害する分子標的薬。
慢性骨髄性白血病や一部の急性リンパ性白血病、GISTの治療に用いられる。
薬毒物検査
抗悪性腫瘍剤
03235
3L310
イミプラミン・デシプラミン
第一世代三環系抗うつ剤の一つ。活性代謝物のデシプラミンを同時測定。
薬毒物検査
精神神経用剤

ページを閉じる