検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2018年10月1日時点の情報です。
凍結 必ず凍結(-10℃以下)保存して下さい。凍結温度指定のあるものは、その旨記載致します。
なお、凍結指定の項目については原則として単独検体での出検をお願い致します。
冷蔵 4℃前後で保存して下さい。また、数日以上にわたって保存される場合は、凍結していただくようお願い致します。
なお、凍結不可の材料については、その旨記載致します。
常温 常温保存して下さい(20℃前後)。
遮光 直射日光または蛍光灯、紫外線を避けて保存して下さい。
15件該当
コード 検査項目 分類
30304
4Z280
オステオカルシン(BGP)
骨芽細胞により合成される蛋白質。骨疾患において骨の代謝回転状態を把握する指標。
内分泌学検査
副甲状腺
00259
5F432
ムンプス
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の原因ウイルス。感染早期ではCF法、特異性ではNT法が有用。
ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出(CF)
26783
3L700
モルヒネ
医療用オピオイド。
薬毒物検査
鎮痛剤
02869
5A150
オリゴクローナルバンド《等電点電気泳動法》
代表的な脱髄疾患である多発性硬化症の診断に有用な検査。等電点電気泳動法で特異性が向上した。
免疫血清学検査
免疫グロブリン
01608
3L875
リドカイン
期外収縮、発作性頻脈の治療薬。肝疾患で半減期が延長する。
薬毒物検査
抗不整脈剤

ページを閉じる