検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2017年4月1日時点での情報です。
ご注意下さい。
45件該当
コード 検査項目 分類
00142 60分クレアチニンクリアランス 生化学検査
その他
00009 AST(GOT)
代表的な肝機能の指標。肝細胞障害で血中に逸脱するが、骨格筋、心筋、赤血球などの破壊でも上昇をみる。
生化学検査
酵素
00010 ALT(GPT)
肝細胞の破壊に伴い血中に逸脱する酵素。AST(GOT)よりも肝に特異性が高く、肝炎の病勢指標に用いられる。
生化学検査
酵素
25717 イマチニブ
チロシンキナーゼを阻害する分子標的薬。
慢性骨髄性白血病や一部の急性リンパ性白血病、GISTの治療に用いられる。
薬毒物検査
抗悪性腫瘍剤
00285 オウム病抗体(クラミドフィラ(クラミジア)・シッタシ抗体)
鳥類の排泄物等より感染し、間質性肺炎を引き起こす病原菌C.psittaciの抗体検査。
免疫血清学検査
感染症血清反応
00253 抗グロブリン試験 直接クームス試験
溶血性疾患の原因である不完全抗体を検出する検査。体内で血球に不完全抗体が結合していることを証明する。
免疫血清学検査
血液型検査
01694 グアナーゼ
肝疾患のスクリーニング検査。肝炎の急性増悪期でASTやALTに先立って上昇し、より高値を保つ。
生化学検査
酵素
01576 クエン酸 〈血清〉 生化学検査
糖・有機酸
01577 クエン酸 〈尿〉 生化学検査
糖・有機酸
05420 クラミジア・トラコーマチス同定DNA《SDA》 免疫血清学検査
感染症血清反応

ページを閉じる