検査項目解説

掲載内容は、2016年10月1日時点での情報です。ご注意下さい。
39件該当
コード 検査項目 分類
01046 17-ケトジェニックステロイド・総(17-KGS)
副腎皮質機能判定の指標として用いられる検査。コルチゾールの分泌状態を反映し、日内変動が大きいため蓄尿して定量する。
内分泌学検査
腎・副腎皮質
01047 17-ケトジェニックステロイド分画(17-KGS分画)
11-デオキシKGSと11-オキシKGSの2分画が副腎皮質の総体的機能を反映。副腎性器症候群では両者の比が上昇。
内分泌学検査
腎・副腎皮質
01038 17-ケトステロイド分画(17-KS分画) 3分画
ステロイドを3,7および10分画に分け、副腎皮質機能異常を各分画の値により明確に評価が可能。
内分泌学検査
腎・副腎皮質
15028 HIT抗体(血小板第4因子-ヘパリン複合体抗体)
抗凝固薬ヘパリン投与で惹起される血小板減少症の診断マーカー。
陽性の場合、ヘパリン使用は禁忌とされる。
免疫血清学検査
自己免疫関連
15028 HIT抗体(血小板第4因子-ヘパリン複合体抗体)
抗凝固薬ヘパリン投与で惹起される血小板減少症の診断マーカー。
陽性の場合、ヘパリン使用は禁忌とされる。
血液学検査
出血凝固検査
00080 血清アミラーゼ(AMY/S)
膵臓や唾液腺より分泌される消化酵素。急性膵炎や耳下腺炎で上昇し、高値をみた時はアイソザイムにより由来臓器を推定する。
生化学検査
酵素
00034 血中アンモニア(NH3)
劇症肝炎・肝硬変にともなう肝性昏睡の病態把握に必須の検査。
生化学検査
低分子窒素化合物
05496 頸管膣分泌液中癌胎児性フィブロネクチン
切迫流産・早産で膣頚管中に検出される胎児付属物の由来物質。流産・早産の早期診断に有用。
内分泌学検査
胎盤
01370 グルコース(GLU)
一般に「血糖値」と呼ばれる糖尿病の基本的な検査。食事の前後で変動が大きいが、空腹時で126mg/dl以上は糖尿病を疑う。
生化学検査
糖・有機酸
蛍光抗体染色 病理学検査
病理組織検査

ページを閉じる