検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2018年4月2日時点の情報です。
(但し、一部チャートを除く)ご注意下さい。
凍結 必ず凍結(-10℃以下)保存して下さい。凍結温度指定のあるものは、その旨記載致します。
なお、凍結指定の項目については原則として単独検体での出検をお願い致します。
冷蔵 4℃前後で保存して下さい。また、数日以上にわたって保存される場合は、凍結していただくようお願い致します。
なお、凍結不可の材料については、その旨記載致します。
常温 常温保存して下さい(20℃前後)。
遮光 直射日光または蛍光灯、紫外線を避けて保存して下さい。
35件該当
コード 検査項目 分類
03816
3L130
ジアゼパム
代表的なマイナートランキライザー。中毒の予防とともに服薬コンプライアンスの診断に血中濃度を測定。
薬毒物検査
抗てんかん剤
01565
3G040
ビタミンB12(シアノコバラミン)
欠乏により巨赤芽球性貧血をもたらす水溶性の造血ビタミン。吸収には胃から分泌される「内因子」といわれる蛋白が必要。
生化学検査
ビタミン
03816
3L130
ジアゼパム
代表的なマイナートランキライザー。中毒の予防とともに服薬コンプライアンスの診断に血中濃度を測定。
薬毒物検査
抗てんかん剤
01500
5D175
シアリルLeX-i抗原(SLX)
肺腺癌を始めとする腺癌に有用な糖鎖性血中腫瘍マーカー。膵癌の鑑別においてはLewis血液型の影響を受けないとされる。
腫瘍関連検査
腫瘍関連検査
03611
5D153
シアリルTn抗原(STN)
卵巣癌と再発性胃癌の血中腫瘍マーカー。卵巣癌全体では陽性率が低いものの、粘液性嚢胞腺癌では高値を示す。
腫瘍関連検査
腫瘍関連検査
05609
3B200
子宮頸管粘液中顆粒球エラスターゼ
切迫流産や前期破水の早期診断マーカー。子宮頚管炎や腟炎でも上昇。
内分泌学検査
胎盤
26914
5G420
抗糸球体基底膜抗体(抗GBM抗体)
急速進行性腎炎(RPGN)とGoodpasture症候群の患者血清から検出される自己抗体。
免疫血清学検査
自己免疫関連
04479
3M805
シクロスポリン
免疫抑制剤。臓器移植や自己免疫疾患に用いられる。経口投与時の血中濃度推移には個人差が大きいため、濃度測定を行う。
薬毒物検査
免疫抑制剤
01600
3L765
ジゴキシン
代表的なジギタリス性強心配糖体。とくに腎機能が低下した患者で至適投与量を知るために血中濃度を測定。
薬毒物検査
強心剤
01600
3L765
ジゴキシン
代表的なジギタリス性強心配糖体。とくに腎機能が低下した患者で至適投与量を知るために血中濃度を測定。
薬毒物検査
強心剤

ページを閉じる