検査項目解説検査項目解説

保険点数は2018年4月1日の最新情報ですが、
それ以外の情報である
検査要項およびチャート中の保険点数情報
に関しては最新ではありません。
ご了承ください。
(検査要項:入力コード、項目名、検査方法、
検査材料、検体量、容器画像、所要日数、
基準値、備考、チャート等)
29件該当
コード 検査項目 分類
25750 エストラジオール(E2)
代表的な女性ホルモン検査。子宮内膜、子宮筋に対する生物学的活性が最も強いエストロゲンである。
内分泌学検査
性腺
09899 エストリオール(E3)
女性の性腺ホルモン検査。妊娠が進むにつれて最も顕著に増加するエストロゲンである。胎児胎盤機能を反映。
内分泌学検査
性腺
45486 E2A-HLFmRNA定量解析 遺伝子関連検査
白血病関連遺伝子
45232 E2A(TCF3)-PBX1mRNA 定量解析 遺伝子関連検査
白血病関連遺伝子
07497 EBウイルス(EBV)-DNA定量〈リンパ球〉 ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出
00376 EBV EA-DR IgG
感染により伝染性単核球症、上咽頭癌等を発症するウイルス。VCA-IgM陽性かつEBNA陰性のとき伝染性単核球症を疑う。
ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出(FAT)
00377 EBV EA-DR IgA
感染により伝染性単核球症、上咽頭癌等を発症するウイルス。VCA-IgM陽性かつEBNA陰性のとき伝染性単核球症を疑う。
ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出(FAT)
00378 EBV EBNA
感染により伝染性単核球症、上咽頭癌等を発症するウイルス。VCA-IgM陽性かつEBNA陰性のとき伝染性単核球症を疑う。
ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出(FAT)
00324 EBV VCA IgG
感染により伝染性単核球症、上咽頭癌等を発症するウイルス。VCA-IgM陽性かつEBNA陰性のとき伝染性単核球症を疑う。
ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出(FAT)
00374 EBV VCA IgM
感染により伝染性単核球症、上咽頭癌等を発症するウイルス。VCA-IgM陽性かつEBNA陰性のとき伝染性単核球症を疑う。
ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出(FAT)

ページを閉じる