検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2018年4月2日時点の情報です。
ご注意下さい。
凍結 必ず凍結(-10℃以下)保存して下さい。凍結温度指定のあるものは、その旨記載致します。
なお、凍結指定の項目については原則として単独検体での出検をお願い致します。
冷蔵 4℃前後で保存して下さい。また、数日以上にわたって保存される場合は、凍結していただくようお願い致します。
なお、凍結不可の材料については、その旨記載致します。
常温 常温保存して下さい(20℃前後)。
遮光 直射日光または蛍光灯、紫外線を避けて保存して下さい。
66件該当
コード 検査項目 分類
04227
3D080
ヒアルロン酸
水分や電解質の保持と抗凝固作用を担う酸性ムコ多糖体。肝硬変や関節リウマチの進行度把握に有用。
生化学検査
糖・有機酸
00639
1A030
尿 比重
尿の比重から、濃縮能や希釈能を推定し、腎機能を診断する検査。
一般臨床検査
尿検査
00773
1C020
髄液 比重 一般臨床検査
髄液検査
00791
1Z020
穿刺液 比重 一般臨床検査
腹水・胸水・穿刺液検査
00529
2A090
鼻汁中好酸球 血液学検査
血球計数
01575
4Z265
ヒスタミン 研究検査
アレルギー・炎症
25972
3K135
ヒ素(As) 〈尿〉 生化学検査
電解質・微量金属
25973
3K135
ヒ素(As) 〈毛髪〉 生化学検査
電解質・微量金属
01561
3G015
ビタミンA
視覚や生殖機能の維持、上皮組織の分化、骨形成などに不可欠な役割を果たす脂溶性ビタミン。欠乏すると夜盲症となる。
生化学検査
ビタミン
26560
3G025
ビタミンB1(サイアミン)
欠乏すると「脚気」の病状を呈する水溶性ビタミン。
生化学検査
ビタミン

ページを閉じる