検査項目解説検査項目解説

保険点数は2018年4月1日の最新情報ですが、
それ以外の情報である
検査要項およびチャート中の保険点数情報
に関しては最新ではありません。
ご了承ください。
(検査要項:入力コード、項目名、検査方法、
検査材料、検体量、容器画像、所要日数、
基準値、備考、チャート等)
59件該当
コード 検査項目 分類
01970 IgEファディアトープ(特異的吸入性アレルゲン)
吸入抗原12種類への感作を一括スクリーニングする検査。アレルゲンの特定はできない。
免疫血清学検査
免疫グロブリン
26652 ペランパネル 薬毒物検査
抗てんかん剤
06515 ボリコナゾール
トリアゾール系抗真菌剤で様々な難治性深在性真菌症に効果を示すが、肝機能障害などの重篤な副作用を発現することがあるので注意。
薬毒物検査
抗真菌剤
00559 フィブリノーゲン(FIB)
血栓を形成するフィブリンの前駆体。炎症で増加し、高度な肝機能障害、DIC等では減少する。
血液学検査
出血凝固検査
00075 可溶性フィブリンモノマー(SF) 血液学検査
出血凝固検査
04198 可溶性フィブリンモノマー複合体(SFMC)定量 血液学検査
出血凝固検査
05496 頸管膣分泌液中癌胎児性フィブロネクチン
切迫流産・早産で膣頚管中に検出される胎児付属物の由来物質。流産・早産の早期診断に有用。
内分泌学検査
胎盤
00286 風疹
「三日はしか」といわれる発疹性感染症を引き起こすウイルス。妊娠初期の感染は先天性風疹症候群の原因となる。
ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出(HI)
00687 風疹 IgG
「三日はしか」といわれる発疹性感染症を引き起こすウイルス。妊娠初期の感染は先天性風疹症候群の原因となる。
ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出(EIA)
00688 風疹 IgM
「三日はしか」といわれる発疹性感染症を引き起こすウイルス。妊娠初期の感染は先天性風疹症候群の原因となる。
ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出(EIA)

ページを閉じる