検査項目解説

掲載内容は、2016年10月1日時点での情報です。ご注意下さい。
48件該当
コード 検査項目 分類
45366 ベムラフェニブBRAF遺伝子変異解析
細胞内シグナル伝達を阻害する抗がん剤「ベムラフェニブ」の「悪性黒色腫」に対する治療効果を予測する検査。
遺伝子関連検査
癌関連遺伝子
02942 サリチル酸(アスピリン)
代表的な解熱・鎮痛剤の血中濃度測定。
薬毒物検査
抗炎症・抗リウマチ剤
01612 アミカシン
ゲンタマイシン耐性緑膿菌等に効く抗生剤。血中濃度測定で腎毒性、聴神経障害を予防。
薬毒物検査
抗生剤・抗ウイルス剤
00707 糞便アメーバ検査
熱帯に多く分布する原虫で、これを検出する検査。経口または性交渉でヒトに感染し、下痢・粘血便をきたす。
一般臨床検査
糞便検査
01834 抗胃壁細胞抗体(抗パリエタル細胞抗体)
胃壁細胞の原形質に対する自己抗体。悪性貧血患者の血中に高率で出現する。
免疫血清学検査
自己免疫関連
03000 HbA1c(NGSP)
糖が非酵素的に結合したヘモグロビン。糖尿病患者における過去1~3カ月の長期血糖コントロールの指標。
生化学検査
糖・有機酸
03001 HbA1c(NGSP)
糖が非酵素的に結合したヘモグロビン。糖尿病患者における過去1~3カ月の長期血糖コントロールの指標。
その他検査
00550 血液塗抹標本 ペルオキシダーゼ染色
血液又は骨髄塗抹標本から骨髄系細胞を染め出す検査。顆粒球・単球系細胞で陽性となり、急性白血病の病型分類に必須。
血液学検査
形態学的検査
00346 抗平滑筋抗体
平滑筋に対する自己抗体。自己免疫性肝炎で高率に検出される。
免疫血清学検査
自己免疫関連
00710 消化状態
糞便を肉眼的に観察し、染色等を行って消化器系機能や疾患を診断する検査。
一般臨床検査
糞便検査

ページを閉じる