検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2018年4月2日時点の情報です。
(但し、一部チャートを除く)ご注意下さい。
凍結 必ず凍結(-10℃以下)保存して下さい。凍結温度指定のあるものは、その旨記載致します。
なお、凍結指定の項目については原則として単独検体での出検をお願い致します。
冷蔵 4℃前後で保存して下さい。また、数日以上にわたって保存される場合は、凍結していただくようお願い致します。
なお、凍結不可の材料については、その旨記載致します。
常温 常温保存して下さい(20℃前後)。
遮光 直射日光または蛍光灯、紫外線を避けて保存して下さい。
41件該当
コード 検査項目 分類
00346
5G180
抗平滑筋抗体
平滑筋に対する自己抗体。自己免疫性肝炎で高率に検出される。
免疫血清学検査
自己免疫関連
00507
2A080
平均赤血球血色素濃度(MCHC)
貧血、多血症の診断に用いられる基本的な検査。
血液学検査
血球計数
00506
2A070
平均赤血球血色素量(MCH)
貧血、多血症の診断に用いられる基本的な検査。
血液学検査
血球計数
00505
2A060
平均赤血球容積(MCV)
貧血、多血症の診断に用いられる基本的な検査。
血液学検査
血球計数
01834
5G185
抗胃壁細胞抗体(抗パリエタル細胞抗体)
胃壁細胞の原形質に対する自己抗体。悪性貧血患者の血中に高率で出現する。
免疫血清学検査
自己免疫関連
07966 ヘキソサミニダーゼA&総ヘキソサミニダーゼ 海外委託検査
07966 ヘキソサミニダーゼA&総ヘキソサミニダーゼ 海外委託検査
02942
3M205
サリチル酸(アスピリン)
代表的な解熱・鎮痛剤の血中濃度測定。
薬毒物検査
抗炎症・抗リウマチ剤
07261
3B339
ペプシノゲン(PG) 《CLIA》
消化性潰瘍や胃癌の危険予知マーカー。胃癌のスクリーニング、慢性萎縮性胃炎の診断や胃液分泌状態の把握に用いられる。
生化学検査
酵素
25714
3L802
ベプリジル
持続性心房細動や心室性の頻脈性不整脈、狭心症の治療薬。
QT時間の延長と催不整脈作用に注意しながら血中濃度を測定。
薬毒物検査
抗不整脈剤

ページを閉じる