検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2018年4月2日時点の情報です。
ご注意下さい。
凍結 必ず凍結(-10℃以下)保存して下さい。凍結温度指定のあるものは、その旨記載致します。
なお、凍結指定の項目については原則として単独検体での出検をお願い致します。
冷蔵 4℃前後で保存して下さい。また、数日以上にわたって保存される場合は、凍結していただくようお願い致します。
なお、凍結不可の材料については、その旨記載致します。
常温 常温保存して下さい(20℃前後)。
遮光 直射日光または蛍光灯、紫外線を避けて保存して下さい。
35件該当
コード 検査項目 分類
04585 クロチアゼパム
心身症、自律神経失調症に用いられるベンゾジアゼピン系の心身安定剤。
薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤
00524
3L320
リチウム
双極性障害・躁状態の治療薬。中毒の予防と服薬コンプライアンスを見る目的で血中濃度を測定。
薬毒物検査
精神神経用剤
04463
5G161
IgG型リウマチ因子
通常のRFがIgM抗体をみるのに対しIgGクラスのRFを検出。関節リウマチで病態の把握や治療効果の判定に有用。
免疫血清学検査
自己免疫関連
03606
5G160
リウマチ因子定量
リウマチ因子(RF)の量を定量的に把握。関節リウマチの診断スクリーニング等に有用。
免疫血清学検査
自己免疫関連
04686
2B480
フォン・ウィルブランド因子活性(リストセチンコファクター)
凝固第Ⅷ因子のキャリアー蛋白。凝固および血小板機能調節にかかわり、von Willebrand病で低下、ネフローゼで活性が上昇する。
血液学検査
出血凝固検査
05092
3L896
ピルシカイニド
頻脈性不整脈治療剤。腎機能をみながら血中濃度測定を行う。
薬毒物検査
抗不整脈剤
01167
3L865
ジソピラミド
不整脈治療剤。特に腎機能障害患者での中毒予防に血中濃度を測定。
薬毒物検査
抗不整脈剤
01549
3B255
リゾチーム(ムラミダーゼ) 〈血清〉
溶菌現象により生体防御に働く酵素。単球性白血病で血中、尿中に増加。
生化学検査
酵素
00524
3L320
リチウム
双極性障害・躁状態の治療薬。中毒の予防と服薬コンプライアンスを見る目的で血中濃度を測定。
薬毒物検査
精神神経用剤
00524
3L320
リチウム
双極性障害・躁状態の治療薬。中毒の予防と服薬コンプライアンスを見る目的で血中濃度を測定。
薬毒物検査
精神神経用剤

ページを閉じる