検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2018年4月2日時点の情報です。
ご注意下さい。

入力コード   統一コード  
項目名 胃癌HER2/neu《FISH法》
-
実施料
2700
判断料区分 病理 
健康保険名称  単独の場合 
検査方法
FISH法
検査材料
未染標本スライド または パラフィンブロック(腫瘍組織)
 
検体量(ml)
容器番号
保存方法
1 未染標本スライド 5枚(4μm厚)
20 ※チャート欄参照
常温
または
2 パラフィンブロック(腫瘍組織)
常温
報告所要日数
9~13日
備  考

組織標本の固定は10%中性緩衝ホルマリン、6~48時間程度でお願いします。

算定備考

抗HER2ヒト化モノクローナル抗体抗悪性腫瘍剤の投与の適応を判断するために遺伝子増幅標本作製を行った場合に、当該抗悪性腫瘍剤の投与方針の決定までの間に1回を限度として算定できます。

HER2タンパクの免疫染色(免疫抗体法)病理組織標本作製を併せて行った場合には、3050点を算定できます。

チャート 

乳癌および胃癌HER2/neu《IHC法》《FISH法》検査の留意点

病理組織・細胞診検査のご依頼について

病理組織 材料の提出方法

容  器 
提出容器
 

ページを閉じる