検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2019年4月1日時点の情報です。

入力コード 01460  統一コード  
項目名 液状検体 穿刺液(胸水・腹水・心嚢液等)
-
実施料
190
判断料区分 病理 
健康保険名称  穿刺吸引細胞診、体腔洗浄等によるもの 
検査方法
パパニコロウ染色/PAS染色/メイギムザ染色
検査材料
湿潤固定標本 および 乾燥固定標本 または 生検体
 
検体量(ml)
容器番号
保存方法
1 湿潤固定標本 3枚
20 ※チャート欄参照
常温
および
2 乾燥固定標本 1枚
20
常温
または
3 生検体
27
冷蔵
報告所要日数
5~6日
備  考

原則として塗抹固定した未染標本にてご提出下さい。

細菌検査および一般検査とは別検体として下さい。

採取直後の液状検体は原則として冷蔵保存して下さい。

算定備考

同一または近接した部位より同時に数検体を採取して検査を行った場合であっても、1回としての算定となります。

ご注意

細胞診検査におきましては、細胞診専門医の判定が必要な場合、通常日数よりご報告が遅れることがあります。

チャート 

病理組織・細胞診検査のご依頼について

細胞診検査 材料の提出方法

容  器 
提出容器
 
 

ページを閉じる