WEB総合検査案内 掲載内容は、2024 年 7 月 1 日時点の情報です。

項目
コード
検査項目 採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法 有効治療濃度
採血時期
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要日数

04323

FAX

エトスクシミド

3L135-0000-023-024

血液
2

遠心

 

血清
0.4

03

 

02

 

 

4週

冷蔵

EIA

μg/mL

40~100
投与直前(トラフ)

管理料[470]

B001 2イ

2~3日

項目
コード
検査項目

04323

FAX

エトスクシミド

3L135-0000-023-024

採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法
血液
2

遠心

 

血清
0.4

03

 

02

 

 

4週

冷蔵

EIA
基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要
日数

μg/mL

40~100
投与直前(トラフ)

管理料[470]

B001 2イ

2~3日

備考

項目

  • チャート参照:緊急報告対象項目とその基準

検体

  • 半減期が長いため随時も可能ですが、同一患者では一定時刻に採血することが推奨されています。

算定

  • チャート参照:特定薬剤治療管理料

参考

  • 主な商品名:ザロンチン、エピレオプチマル

「薬毒物検査」分野共通の特記事項

  • [ご注意]血中薬物検査をご依頼の際は、分離剤入り採血管は使用しないでください(測定値が分離剤の影響を受ける場合があります)。

診療報酬

  • 保険名称:特定疾患治療管理料/特定薬剤治療管理料1
  • 実施料:管理料[470]
  • 診療報酬区分:B001 2イ

チャート

緊急報告対象項目とその基準
特定薬剤治療管理料

容器

容器番号03:汎用容器(分離剤なし)

  • 容量: 5.5mL・9mL
  • 添加剤: 凝固促進剤
  • 保管方法:常温
  • 有効期間:容器および箱表示
  • 主な検査項目: 血中薬物濃度
    (血清の場合)

容器番号02:汎用容器

  • 容量: 4mL・10mL
  • 添加剤: -
  • 保管方法:常温
  • 主な検査項目: 血清,血漿提出用

検査項目解説

臨床的意義

スクシミド系の抗てんかん剤である。代謝速度には個人差が大きく、適正血中濃度を維持する必要がある。

1.作用
 エトスクシミドは、スクシミド系の抗てんかん剤の一種である。1964年に薬価収載され古くから使用されている薬剤である。

 抗けいれん作用はトリメタジオンと類似しており、特有の脳波(3/秒 spike&wave)を呈する定型欠神発作の脳波所見を改善する効果を持つ。

 健康成人に1 gをカプセルとして経口投与後、1~4時間で最高血中濃度に達し、半減期は約60時間である。小児にシロップとして500 mg経口投与した場合では、3~7時間で最高濃度に達し、半減期は33.4時間である。本剤の代謝速度に関しては個人差が大きいため、血中濃度の測定は重要である。

 血中濃度が定常状態に達するには通常、投与開始後6~12日を要する。

2.禁忌
 重篤な血液障害のある患者、本剤に対して過敏症の既往歴のある患者には投与しない。

3.採血時期
 次回投与直前(トラフ)。
 半減期が長いため、随時採血も可能であるが、比較のためには定刻を守る方が望ましい。

【主に用いられる疾患】

てんかん

【副作用】

再生不良性貧血

関連疾患

G40.9.2:てんかん G40-G47:挿間性・発作性疾患
D61.9.4:再生不良性貧血 D60-D64:その他の貧血
※ ICD10第2階層コードでグルーピングした検査項目の一覧ページを表示します.

フリーワード検索

複数ワードはスペース区切り:
ページトップへ

記載内容について