WEB総合検査案内 掲載内容は、2024 年 7 月 1 日時点の情報です。

項目
コード
検査項目 採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法 基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要日数

13363

デオキシピリジノリン
(DPD)[骨粗鬆症]

5C146-0000-001-052

 

尿(早朝2番尿)
1.5

 

25

7日

冷蔵

CLEIA

nmol/mmol・Cr

包括191

D008 39

生Ⅱ

2~4日

項目
コード
検査項目

13363

デオキシピリジノリン
(DPD)[骨粗鬆症]

5C146-0000-001-052

採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法

 

尿(早朝2番尿)
1.5

 

25

7日

冷蔵

CLEIA
基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要
日数

nmol/mmol・Cr

包括191

D008 39

生Ⅱ

2~4日

備考

項目

  • [骨形成マーカー]BGP、BAP、total P1NP。
    [骨吸収マーカー]NTX、TRACP-5b、DPD。
  • 原発性副甲状腺機能亢進症、あるいは癌の骨転移の診断・治療効果判定指標としての「同名」の各検査項目(項目コード:12201、13367)とは取り扱いが異なります。骨粗鬆症の検査としてご利用の場合は、依頼書上に必ず本欄に記載されている項目コードを明記してください。
  • 遊離型デオキシピリジノリンを測定します。

検体

  • 早朝2番尿をご提出ください。

基準

  • チャート参照:「DPD(骨粗鬆症)」基準値

報告

  • 濃度が7.0nmol/L未満の場合は、7.0nmol/Lを用いてクレアチニン補正を行い、クレアチニン補正値は「未満」を付記してご報告します。

診療報酬

  • 保険名称:内分泌学的検査/デオキシピリジノリン(DPD)(尿)
  • 実施料:包括191
  • 診療報酬区分:D008 39
  • 判断料区分:生化学的検査(Ⅱ)

原発性副甲状腺機能亢進症の手術適応の決定、副甲状腺機能亢進症手術後の治療効果判定または骨粗鬆症の薬剤治療方針の選択に際して実施された場合に算定できます。
骨粗鬆症の薬剤治療方針の選択時に1回、その後6月以内の薬剤効果判定時に1回に限り、また薬剤治療方針を変更したときは変更後6月以内に1回に限り算定できます。
「NTX」、「オステオカルシン」または「DPD」を併せて実施した場合は、いずれか1つのみ算定できます。

チャート

「DPD(骨粗鬆症)」基準値

容器

容器番号25:尿一般容器

  • 容量: 10mL
  • 添加剤: -
  • 保管方法:常温
  • 主な検査項目: 尿一般検査

参考文献

日本骨粗鬆症学会: Osteoporosis Japan 12, 191, 2004.

検査項目解説

臨床的意義

骨基質の代謝産物を測定する検査である。骨量減少を来す代謝性疾患やがんの骨転移で尿中濃度が上昇する。

 デオキシピリジノリン(DPD)は、骨基質の主要構成成分であるⅠ型コラーゲンの分子間に架橋を形成し、コラーゲン線維の安定化に寄与するピリジニウム架橋アミノ酸のひとつである。

 この架橋物質には構造的に類似するピリジノリンおよびDPDの2種が知られるが、前者が骨・軟骨に加えて多くの結合組織にも存在するのに対し、後者の分布は主に骨・歯牙に局在するため、骨特異性がより高いといえる。

 骨吸収に伴う分解産物として放出されたDPDおよびピリジノリンは、異化を受けずに尿中に排泄される。このうち約40 %が遊離型、約60 %がコラーゲン分子末端部を含むペプチド結合型であり、本検査法であるEIA法にて測定されるのは遊離型のみである。

 通常、遊離型・ペプチド結合型の尿中排泄量比率はほぼ一定していることから、遊離DPD量は生体の骨吸収状態の指標となる。

 骨量減少を来す各種代謝性疾患、がんの骨転移などで尿中遊離DPDは健常者に比べて有意な高値を示し、その診断や病態把握に有用である。

 女性では閉経後から徐々に遊離DPDの尿中排泄量が増加し、3~5年で最大値に達する。思春期前は成人に比べて約10倍の高値である。

【高値を示す疾患】

骨転移癌原発性副甲状腺機能亢進症骨粗鬆症骨軟化症甲状腺機能亢進症

関連疾患

E05.9.5:甲状腺機能亢進症 E00-E07:甲状腺疾患
C79.5.11:骨転移癌 C76-C80:その他の部位不明腫瘍
E21.0.1:原発性副甲状腺機能亢進症 E20-E35:その他の内分泌疾患
M81.9.1:骨粗鬆症 M80-M85:骨の密度・構造の疾患
M83.9.1:骨軟化症 M80-M85:骨の密度・構造の疾患
※ ICD10第2階層コードでグルーピングした検査項目の一覧ページを表示します.

INFORMATION

※ 3年分のINFORMATION へのLinkを掲載しています.

フリーワード検索

複数ワードはスペース区切り:
ページトップへ

記載内容について