WEB総合検査案内 掲載内容は、2024 年 6 月 1 日時点の情報です。

『ヘルペスウイルス感染症』に関連する検査項目

項目
コード
検査項目 採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法 基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要日数

04811

曜日指定

水痘・帯状ヘルペスウイルス(VZV) DNA定量

5F193

みずぼうそう(水痘)の原因ウイルスとして知られているVZVのDNAを定量する検査である。

単独検体開栓厳禁

EDTA加血液
2

または

 

血清
0.4

または

 

髄液
0.4

 

14

 

指定容器 

97

 

指定容器 

55

 

冷蔵

 

 

-20℃以下

 

 

-20℃以下

リアルタイムPCR法

コピー/mL

100未満
(定量下限)

2~4日

04814

曜日指定

ヒトヘルペスウイルス6型(HHV6) DNA定量

5F210

リアルタイムPCR法で各種ヘルペスウイルスのDNAを同時に定量する検査である。ウイルスの再活性化を早期に判定できる。

単独検体開栓厳禁

EDTA加血液
2

または

 

血清
0.4

または

 

髄液
0.4

 

14

 

指定容器 

97

 

指定容器 

55

 

冷蔵

 

 

-20℃以下

 

 

-20℃以下

リアルタイムPCR法

コピー/mL

100未満
(定量下限)

2~4日

07507

曜日指定

ヒトヘルペスウイルス6型(HHV6) DNA定量〈リンパ球〉

5F210

リアルタイムPCR法で各種ヘルペスウイルスのDNAを同時に定量する検査である。ウイルスの再活性化を早期に判定できる。

開栓厳禁単独検体

EDTA加血液
5

 

14

 

冷蔵

リアルタイムPCR法

コピー/μg

10未満
(定量下限)

3~5日

04816

曜日指定

ヒトヘルペスウイルス7型(HHV7) DNA定量

5F211

リアルタイムPCR法で各種ヘルペスウイルスのDNAを同時に定量する検査である。ウイルスの再活性化を早期に判定できる。

単独検体開栓厳禁

EDTA加血液
2

または

 

血清
0.4

または

 

髄液
0.4

 

14

 

指定容器 

97

 

指定容器 

55

 

冷蔵

 

 

-20℃以下

 

 

-20℃以下

リアルタイムPCR法

コピー/mL

100未満
(定量下限)

2~4日

07513

曜日指定

ヒトヘルペスウイルス7型(HHV7) DNA定量〈リンパ球〉

5F211

リアルタイムPCR法で各種ヘルペスウイルスのDNAを同時に定量する検査である。ウイルスの再活性化を早期に判定できる。

開栓厳禁単独検体

EDTA加血液
5

 

14

 

冷蔵

リアルタイムPCR法

コピー/μg

10未満
(定量下限)

3~5日

04857

曜日指定

ヒトヘルペスウイルス8型(HHV8) DNA定量

5F212

リアルタイムPCR法で各種ヘルペスウイルスのDNAを同時に定量する検査である。ウイルスの再活性化を早期に判定できる。

単独検体開栓厳禁

EDTA加血液
2

または

 

血清
0.4

または

 

髄液
0.4

 

14

 

指定容器 

97

 

指定容器 

55

 

冷蔵

 

 

-20℃以下

 

 

-20℃以下

リアルタイムPCR法

コピー/mL

100未満
(定量下限)

2~4日

07515

曜日指定

ヒトヘルペスウイルス8型(HHV8) DNA定量〈リンパ球〉

5F212

リアルタイムPCR法で各種ヘルペスウイルスのDNAを同時に定量する検査である。ウイルスの再活性化を早期に判定できる。

開栓厳禁単独検体

EDTA加血液
5

 

14

 

冷蔵

リアルタイムPCR法

コピー/μg

10未満
(定量下限)

3~5日

フリーワード検索

複数ワードはスペース区切り:
ページトップへ

記載内容について