WEB総合検査案内 掲載内容は、2024 年 6 月 1 日時点の情報です。

『麻疹』に関連する検査項目

項目
コード
検査項目 採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法 基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要日数

00350

麻疹 《NT》

5F431

はしかの原因ウイルスである。急性感染の診断にはHI法かEIA-IgMが有用である。

血液
1

遠心

血清
0.3

または

髄液
0.4

 

 

01

 

02

 

 

冷蔵

 

冷蔵

NT

血清 4 倍
髄液 原液

79

D012 11

免疫

10~15日

03048

麻疹 IgG《EIA》

5F431

はしかの原因ウイルスである。急性感染の診断にはHI法かEIA-IgMが有用である。

血液
1

遠心

 

血清
0.3

 

 

 

01

 

 

4週

冷蔵

EIA

陰性(-)
EIA価 2.0 未満

200

D012 44

免疫

3~5日

03051

麻疹 IgM《EIA》

5F431

はしかの原因ウイルスである。急性感染の診断にはHI法かEIA-IgMが有用である。

血液
1

遠心

 

血清
0.3

 

 

 

01

 

 

4週

冷蔵

EIA

陰性(-)
index 0.80 未満

200

D012 44

免疫

3~5日

07342

T細胞・B細胞百分率

5I020

T細胞・B細胞それぞれに特異的なモノクローナル抗体を用いて、各細胞の割合を測定する検査である。

EDTA加血液
3

13

常温

フローサイトメトリー法[T細胞]CD2[B細胞]CD20

193

D016 3

免疫

2~3日

00501

FAX

白血球数
(WBC)

2A010

白血病などの血液疾患や炎症性疾患の診断・経過観察に用いられるスクリーニング検査である。

EDTA加血液
2

13

冷蔵凍結不可

フローサイトメトリー法

/μL

3,300~9,000

21

D005 5

血液

1~2日

フリーワード検索

複数ワードはスペース区切り:
ページトップへ

記載内容について