WEB総合検査案内 掲載内容は、2024 年 3 月 1 日時点の情報です。

D006-14 FLT3遺伝子検査

項目
コード
検査項目 採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法 基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要日数

45829

曜日指定

AML FLT3変異解析(FLT3阻害剤)
(キザルチニブ、ギルテリチニブ)

8C071

AML患者に対して、キザルチニブ塩酸塩およびギルテリチニブフマル酸塩の適応を判定するための補助検査である。

開栓厳禁

ヘパリン加血液
9

または

EDTA加血液
7

または

 

骨髄液
1

 

10

 

89

 

指定容器 

22

 

冷蔵

 

冷蔵

 

 

冷蔵

PCR法/キャピラリー電気泳動法

検出せず

4200

D006-14

遺染

4~10日

フリーワード検索

複数ワードはスペース区切り:
ページトップへ

記載内容について