WEB総合検査案内 掲載内容は、2024 年 3 月 1 日時点の情報です。

D023-2 その他の微生物学的検査

項目
コード
検査項目 採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法 基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要日数

27460

クロストリジオイデス・ディフィシル毒素遺伝子検出[感染症血清反応]

6B642

ディフィシル菌が産生するToxin Bの遺伝子をリアルタイムPCR法で検出する検査である。CDIの見逃しによる重症化の防止にも有用である。

単独検体開栓厳禁

 

糞便
1g

指定容器 

 

55

 

5日

冷蔵凍結不可

リアルタイムPCR法

検出せず

450

D023-2 4

微生

2~3日

27460

クロストリジオイデス・ディフィシル毒素遺伝子検出[その他]

6B642

ディフィシル菌が産生するToxin Bの遺伝子をリアルタイムPCR法で検出する検査である。CDIの見逃しによる重症化の防止にも有用である。

単独検体開栓厳禁

 

糞便
1g

指定容器 

 

55

 

5日

冷蔵凍結不可

リアルタイムPCR法

検出せず

450

D023-2 4

微生

2~3日

03151

尿素呼気試験 《IR》
(ユービット(R))

6Z100

胃十二指腸潰瘍の起因菌であるヘリコバクター・ピロリ菌の感染を、呼気中の成分から診断する検査である。

複数検体

呼気
250

指定容器 

32

 

常温

IR(赤外吸収スペクトロメトリー)

2.5 未満

70

D023-2 2

微生

2~3日

08166

尿素呼気試験
(ピロニック(R))

6Z100

胃十二指腸潰瘍の起因菌であるヘリコバクター・ピロリ菌の感染を、呼気中の成分から診断する検査である。

複数検体

呼気
12

指定容器 

42

 

常温

GC-MS

3.0 未満

70

D023-2 2

微生

5~12日

04937

ベロ毒素検出

5E115

菌株

 

常温

RPLA法

189

D023-2 3

微生

4~8日

01486

ベロ毒素直接検出法
(ベロ毒素ダイレクト法)

5E115

腸管出血性大腸菌(O157,O26など)が産生するベロ毒素を検出する検査である。出血性大腸炎に有用である。

 

糞便
適量

 

29

1週

冷蔵

EIA

189

D023-2 3

微生

2~3日

07829

ベロ毒素直接検出法・菌株
(ベロ毒素ダイレクト法)

5E115

単独検体

菌株

 

 

 

常温

EIA

189

D023-2 3

微生

2~3日

フリーワード検索

複数ワードはスペース区切り:
ページトップへ

記載内容について