検査項目解説


PAS染色の判定基準

骨髄液及び末梢血
   
リンパ球系細胞正常人での陽性率は1〜4%で滴状である。
急性リンパ球性白血病(ALL)では、L1、L2の約1/2〜1/3に粗大〜微細
顆粒状、斑状、帯状陽性。L3は陰性。
顆粒球系細胞骨髄芽球はほとんど陰性、前骨髄球から成熟好中球はびまん性陽性。
赤芽球系細胞正常赤芽球は陰性であるが、赤白血病などでみられる巨赤芽球様細胞などの異常赤芽球では顆粒状〜びまん性陽性を示す。
単球系細胞びまん性に濃染〜微細顆粒状陽性。未熟球では微細顆粒状を呈する。
血小板系細胞びまん性に強陽性、または微細顆粒状陽性。
   
好酸球増加を伴う急性骨髄性白血病(AML)では好酸球が強陽性を示す。


ページを閉じる