検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2021年11月1日時点の情報です。
凍結 必ず凍結(-10℃以下)保存して下さい。凍結温度指定のあるものは、その旨記載致します。
なお、凍結指定の項目については原則として単独検体での出検をお願い致します。
冷蔵 4℃前後で保存して下さい。また、数日以上にわたって保存される場合は、凍結していただくようお願い致します。
なお、凍結不可の材料については、その旨記載致します。
常温 常温保存して下さい(20℃前後)。
遮光 直射日光または蛍光灯、紫外線を避けて保存して下さい。
6件該当
コード 検査項目 分類
26307
3D110
ペントシジン 〈血漿〉
血中ペントシジン濃度は糖尿病や慢性腎不全患者において著しい高値を呈する
研究検査
その他
26308
3D110
ペントシジン 〈尿〉
血中ペントシジン濃度は糖尿病や慢性腎不全患者において著しい高値を呈する
研究検査
その他
08708 8-OH-dG
加齢、喫煙、癌の進行、糖尿病などで増加する。酸化ストレスマーカーとして様々な疾患の病態把握の研究に用いられる。
研究検査
その他
10992 尿中アクアポリン2
尿中AQP2の排泄動態を追うことで水透過性に関わる疾患の研究に期待できる。
研究検査
その他
02205 活性型グレリン 研究検査
その他
02206 デスアシル体グレリン 研究検査
その他

    ページを閉じる