検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2021年9月1日時点の情報です。
凍結 必ず凍結(-10℃以下)保存して下さい。凍結温度指定のあるものは、その旨記載致します。
なお、凍結指定の項目については原則として単独検体での出検をお願い致します。
冷蔵 4℃前後で保存して下さい。また、数日以上にわたって保存される場合は、凍結していただくようお願い致します。
なお、凍結不可の材料については、その旨記載致します。
常温 常温保存して下さい(20℃前後)。
遮光 直射日光または蛍光灯、紫外線を避けて保存して下さい。
63件該当
コード 検査項目 分類
03928
5G525
血小板表面IgG (PA-IgG)[細胞形態検査]
血小板減少症を引き起こす抗血小板抗体のうち、血小板表面に結合しているIgGを測定する検査。
細胞性免疫検査
細胞形態検査
26908
5G552
抗好中球細胞質ミエロペルオキシダーゼ抗体 (MPO-ANCA,P-ANCA)
急速進行性腎炎、巣状壊死性腎炎、半月体形成性腎炎など予後不良な血管炎の診断、経過観察に用いられる自己抗体。
免疫血清学検査
自己免疫関連
03607
2A200
血液塗抹標本 PAS染色
血液又は骨髄塗抹標本で多糖類や糖蛋白を紅色に染める検査。赤白血病やリンパ系悪性腫瘍で異なる染色パターンを示す。
血液学検査
形態学的検査
04171
2A200
骨髄液塗抹標本 PAS染色
血液又は骨髄塗抹標本で多糖類や糖蛋白を紅色に染める検査。赤白血病やリンパ系悪性腫瘍で異なる染色パターンを示す。
血液学検査
形態学的検査
05360
8B430
13染色体 (13トリソミー/Patau症候群)
脳や眼球、耳介などに高度の奇形を呈するパトー症候群の染色体検査。第13番染色体の過剰を検出。
染色体検査
先天異常染色体検査
04008
3K110
鉛 (Pb)
鉛中毒の早期発見や暴露のモニタリングとして行われる検査。
生化学検査
電解質・微量金属
00226
5G520
抗血小板抗体 (PB-IgG)
別名PB-IgGともいわれる。血小板表面IgGと共に特発性血小板減少性紫斑病(ITP)で陽性。
免疫血清学検査
自己免疫関連
08007
5C215
プロカルシトニン (PCT)
細菌性敗血症で上昇するポリペプチド。ウイルスや真菌感染、膠原病、腫瘍熱等との鑑別や重症度判定に有用。
免疫血清学検査
感染症血清反応
45419
8C041
PDGFRA遺伝子変異解析(GIST)
c-kit遺伝子変異などが腫瘍の発生、増悪の原因とされている消化管間質腫瘍(GIST)の検査。治療抵抗性の遺伝子変異や治療後の2次耐性変異などが存在することから、投薬治療前にこれら遺伝子変異の確認が重要となる。
遺伝子関連検査
癌関連遺伝子
45607
8B345
FIP1L1-PDGFRA融合遺伝子解析
イマチニブ治療の適否を診断する検査。
染色体検査
血液疾患染色体検査・その他

ページを閉じる