検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2021年11月1日時点の情報です。
凍結 必ず凍結(-10℃以下)保存して下さい。凍結温度指定のあるものは、その旨記載致します。
なお、凍結指定の項目については原則として単独検体での出検をお願い致します。
冷蔵 4℃前後で保存して下さい。また、数日以上にわたって保存される場合は、凍結していただくようお願い致します。
なお、凍結不可の材料については、その旨記載致します。
常温 常温保存して下さい(20℃前後)。
遮光 直射日光または蛍光灯、紫外線を避けて保存して下さい。
150件該当
コード 検査項目 分類
25950
5G396
抗デスモグレイン1抗体 (抗Dsg1抗体)
自己免疫性水疱症である天疱瘡の検査。1と3の2つの型を検査することは病態のタイピングに有用。
免疫血清学検査
自己免疫関連
25951
5G397
抗デスモグレイン3抗体 (抗Dsg3抗体)
自己免疫性水疱症である天疱瘡の検査。1と3の2つの型を検査することは病態のタイピングに有用。
免疫血清学検査
自己免疫関連
26561
5G340
抗GAD抗体[膵・消化管]
膵島由来分子に対する自己抗体。IDDMの発症予知、スクリーニングやNIDDMとの鑑別に有用。
内分泌学検査
膵・消化管
26561
5G340
抗GAD抗体[自己免疫関連]
膵島由来分子に対する自己抗体。IDDMの発症予知、スクリーニングやNIDDMとの鑑別に有用。
免疫血清学検査
自己免疫関連
26914
5G420
抗糸球体基底膜抗体 (抗GBM抗体)
急速進行性腎炎(RPGN)とGoodpasture症候群の患者血清から検出される自己抗体。
免疫血清学検査
自己免疫関連
27644
5G537
抗HLA抗体シングル同定検査 ClassⅡ(LC)
臓器移植、造血細胞移植、輸血、妊娠などの非自己タンパクによる刺激に関して、拒絶因子の抗HLA抗体の早期発見のために行う。
細胞性免疫検査
組織適合性抗原
27627
5G537
抗HLA抗体シングル同定検査 ClassⅡ(LS)
臓器移植、造血細胞移植、輸血、妊娠などの非自己タンパクによる刺激に関して、拒絶因子の抗HLA抗体の早期発見のために行う。
細胞性免疫検査
組織適合性抗原
27643
5G536
抗HLA抗体シングル同定検査 ClassⅠ(LC)
臓器移植、造血細胞移植、輸血、妊娠などの非自己タンパクによる刺激に関して、拒絶因子の抗HLA抗体の早期発見のために行う。
細胞性免疫検査
組織適合性抗原
27626
5G536
抗HLA抗体シングル同定検査 ClassⅠ(LS)
臓器移植、造血細胞移植、輸血、妊娠などの非自己タンパクによる刺激に関して、拒絶因子の抗HLA抗体の早期発見のために行う。
細胞性免疫検査
組織適合性抗原
27624
5G535
抗HLA抗体スクリーニング検査 (FlowPRA、ClassⅠ&Ⅱ)
臓器移植、造血細胞移植、輸血、妊娠などの非自己タンパクによる刺激に関して、拒絶因子の抗HLA抗体の早期発見のために行う。
細胞性免疫検査
組織適合性抗原

ページを閉じる