検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2021年11月1日時点の情報です。
凍結 必ず凍結(-10℃以下)保存して下さい。凍結温度指定のあるものは、その旨記載致します。
なお、凍結指定の項目については原則として単独検体での出検をお願い致します。
冷蔵 4℃前後で保存して下さい。また、数日以上にわたって保存される場合は、凍結していただくようお願い致します。
なお、凍結不可の材料については、その旨記載致します。
常温 常温保存して下さい(20℃前後)。
遮光 直射日光または蛍光灯、紫外線を避けて保存して下さい。
52件該当
コード 検査項目 分類
09573
5E075
梅毒定量 《TP抗体法》
性行為感染症(STD)として広く知られる梅毒の検査。生物学的偽陽性や治癒後の陽性持続が存在する。
免疫血清学検査
感染症血清反応

6B305
培養 《MGIT培地》 微生物学検査
抗酸菌検査

6B305
培養 《小川培地》 微生物学検査
抗酸菌検査

6B010
培養・同定 口腔・気道・呼吸器
検体に最適な培地を選び、選択的に培養することで細菌を同定する、最も基本的な細菌学的検査。
微生物学検査
一般細菌・真菌検査

6B010
培養・同定 消化器 微生物学検査
一般細菌・真菌検査

6B010
培養・同定 泌尿器・生殖器
検体に最適な培地を選び、選択的に培養することで細菌を同定する、最も基本的な細菌学的検査。
微生物学検査
一般細菌・真菌検査

6B010
培養・同定 血液・穿刺液
検体に最適な培地を選び、選択的に培養することで細菌を同定する、最も基本的な細菌学的検査。
微生物学検査
一般細菌・真菌検査

6B010
培養・同定 その他の部位
検体に最適な培地を選び、選択的に培養することで細菌を同定する、最も基本的な細菌学的検査。
微生物学検査
一般細菌・真菌検査
26783
3L700
モルヒネ
医療用オピオイド。
薬毒物検査
鎮痛剤
26650
4A070
バゾプレシン (AVP) (ADH)(抗利尿ホルモン)
視床下部で合成され下垂体後葉に蓄えられるホルモン。腎尿細管で水の再吸収を促進し、欠乏すると下垂体性尿崩症となる。
内分泌学検査
下垂体

ページを閉じる