検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2021年2月1日時点の情報です。
凍結 必ず凍結(-10℃以下)保存して下さい。凍結温度指定のあるものは、その旨記載致します。
なお、凍結指定の項目については原則として単独検体での出検をお願い致します。
冷蔵 4℃前後で保存して下さい。また、数日以上にわたって保存される場合は、凍結していただくようお願い致します。
なお、凍結不可の材料については、その旨記載致します。
常温 常温保存して下さい(20℃前後)。
遮光 直射日光または蛍光灯、紫外線を避けて保存して下さい。
11件該当
コード 検査項目 分類
アクチノミセス (放線菌) 微生物学検査
特殊目的菌検査
02742
3B192
膵ホスホリパーゼA2 (膵PLA2)
膵腺房細胞で産生される分泌型酵素。膵炎の診断および重症度の判定、経過観察に有用。
生化学検査
酵素
00227
5B010
血清補体価 (CH50)
感作赤血球を50%溶血させる補体の量。C1~C9からなる補体の総活性を反映。補体の産生低下、消費亢進で低値に。
免疫血清学検査
補体
26312
3C070
総ホモシステイン 生化学検査
低分子窒素化合物
26981
4E055
ホモバニリン酸 (HVA) 〈尿〉
ドーパミンの最終代謝産物。カテコールアミンの分泌状態を反映して高値を示す。
内分泌学検査
副腎髄質・交感神経・中枢神経
06515
3M698
ボリコナゾール
トリアゾール系抗真菌剤で様々な難治性深在性真菌症に効果を示すが、肝機能障害などの重篤な副作用を発現することがあるので注意。
薬毒物検査
抗真菌剤
03816
3L130
ジアゼパム
代表的なマイナートランキライザー。中毒の予防とともに服薬コンプライアンスの診断に血中濃度を測定。
薬毒物検査
抗てんかん剤
03620
4G070
膵ポリペプチド 海外委託検査
無し
07967
3J060
ポルフィリン分画 海外委託検査
無し
01626
3J065
ポルフォビリノーゲン
赤血球ヘム蛋白における機能的中心となる物質の前駆体。急性ポルフィリン症で体内に蓄積、尿中排泄が増加。
生化学検査
ポルフィリン関連

ページを閉じる