検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2021年10月1日時点の情報です。

入力コード   統一コード 6B010 
項目名 培養・同定 消化器
bacterial calture
実施料
180
判断料区分 微生 
健康保険名称  細菌培養同定検査/消化管からの検体 
検査方法

※Clinical microbiology procedures handbook/ Manual of clinical microbiologyに準拠。

検査材料
糞便
検査材料備考

※材料欄の「抗菌薬関連(腸炎)」にチェックをされた場合、目的菌「ディフィシル菌」「MRSA」を実施します。
臨床所見欄の「海外渡航(下痢)」にチェックをされた場合、目的菌「エロモナス」「プレジオモナス」「エルシニア」「腸管出血性大腸菌(EHEC)」を実施します。
検体を乾燥させないようにしてください。
臨床所見欄の「海外渡航(下痢)」にチェックをされた場合、目的菌「エロモナス」「プレジオモナス」「エルシニア」「腸管出血性大腸菌(EHEC)」を実施します。

※※容器 チャート参照

報告所要日数
4~6日

※赤痢/サルモネラ/ビブリオ/キャンピロバクター/大腸菌O157を検査し、陰性の場合もご報告します。
真菌培養の場合は14~21日前後を要します。

 

※チャート参照:一般細菌培養同定における主な材料の釣菌基準

算定備考

同一検体を用いて簡易培養検査を併せて行った場合は、簡易培養検査は算定できません。

症状等から同一起因菌によると判断される場合であって、起因菌を検索する目的で異なった部位や同一部位の数か所から検体を採取した場合は、主な部位または1か所のみの実施料の算定となります。

チャート 

主な微生物輸送培地・容器

一般細菌培養同定における主な材料の釣菌基準

容  器 
提出容器

ページを閉じる