検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2018年4月2日時点の情報です。
ご注意下さい。

入力コード 04014  統一コード 3K025 
項目名 馬尿酸(HA)
hippuric acid
実施料
未収載
判断料区分  
検査方法
HPLC
検査材料
尿
 
検体量(ml)
容器番号
保存方法
1 尿 1
25
冷蔵
報告所要日数
4~9日

※繁忙期(4~6月、10~12月)の数日を除いて概ね4~5日で報告致します。

基準値  
g/L
臨床的
意義 
厚生労働省「有機溶剤中毒予防規則」で指定された、トルエン(馬尿酸)またはキシレン(メチル馬尿酸)作業従事者の検査。
   労働省(当時)「有機溶剤中毒予防規則」で指定の、トルエンまたはキシレン作業従事者で測定が行われる。非芳香族系溶媒に関しては、別項目で検査が必要である。

1. 馬尿酸
 有機溶剤であるトルエンの代謝物である。トルエンの主な吸収経路は吸入であり、80%が安息香酸に代謝され、次いでグリシン抱合を受け、馬尿酸として尿中へ排泄される。トルエンの未代謝物としての尿中への排泄はほとんどない。トルエン使用者の暴露指標として用いられ、勤務終了時に採取する。

 色々な果物(ベリーやプラム類など)や、食品添加剤に用いられる安息香酸ナトリウムの摂取により高値になることがあるので注意を要する。

2. メチル馬尿酸
 有機溶剤であるキシレンの代謝物である。吸収の主な経路は吸入であり、約95%がメチル安息香酸に代謝され、グリシン抱合を受けメチル馬尿酸として尿中に排泄される。3日以内にほとんど完全に排出されるため、作業終了後24時間以内に採取する。馬尿酸と異なり通常尿中に存在しないため、暴露前の対照は必要としない。なお、肝機能障害時にはメチル馬尿酸の代謝が低下することがある。
※ ここに掲げる基準値は、厚生労働省通達の分布区分であり、正常・異常を鑑別するものではありません。
高値を示す病態 
[馬尿酸]
 トルエンの暴露

[メチル馬尿酸]
 キシレンの暴露
関連項目 メタノール, アセトン 〈尿〉, マンデル酸, 2,5-ヘキサンジオン(2,5-HD),
備  考

[検体採取時期] 採取日は連続した作業日の2日目以降。作業終了の2時間前に一度排尿し、その後は排尿せずに、作業終了後に採尿したものをご提出下さい。

ご注意

「産業衛生関連検査」を複数項目ご依頼になる場合は、25番容器で尿6mLをご提出下さい。

チャート 

「特殊健診項目」名称および分布区分

馬尿酸・メチル馬尿酸の代謝経路

容  器 
提出容器

ページを閉じる