WEB総合検査案内 掲載内容は、2024 年 7 月 1 日時点の情報です。

項目
コード
検査項目 採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法 基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要日数

11790

β-リポ蛋白
(β-LP)

3F130-0000-023-292

血液
2

遠心

 

血清
0.5

 

 

 

01

 

 

4週

冷蔵

比濁法

mg/dL

169~586

1~2日

項目
コード
検査項目

11790

β-リポ蛋白
(β-LP)

3F130-0000-023-292

採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法
血液
2

遠心

 

血清
0.5

 

 

 

01

 

 

4週

冷蔵

比濁法
基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要
日数

mg/dL

169~586

1~2日

備考

検体

  • チャート参照:生化学検査・免疫血清学検査などにおいて、多項目同時依頼の際の必要血清量は、[0.45 + (0.05 x 依頼項目数)]mLが目安となります。

参考

  • 総合検査依頼書のマークチェックで依頼可能な項目です。

チャート

多項目同時依頼の血清量目安(生化学検査・免疫血清学検査)

容器

容器番号01:汎用容器(分離剤入り)

  • 容量: 6mL・8.5mL
  • 添加剤: 凝固促進剤
  • 保管方法:常温
  • 有効期間:容器および箱表示
  • 主な検査項目: -

参考文献

小出朝男, 他: 臨床病理(特集第21号), 82, 1975.

検査項目解説

臨床的意義

脂質の異常を総合的に把握する指標である。異常が見られた場合にはリポ蛋白分画などの検査を行い、型を判定する。

 ヒト血清中の主なリポ蛋白には、高比重リポ蛋白(high density lipoprotein:HDL)、低比重リポ蛋白(low density lipoprotein:LDL)、超低比重リポ蛋白(very low density lipoprotein:VLDL)、カイロミクロン(chylomicron:CM)などがあるが、その中でHDL以外のものをβ-リポ蛋白(β-LP)と呼ぶ。すなわち、血中に存在する大部分の脂質は、β-LPに含まれていると考えてよい。

 β-リポ蛋白の一種であるVLDLは肝臓で生成された後、LDLなどに変化する。また、CMは小腸で生成され、胸管を経て血中に入る。リポ蛋白濃度の日内変動をみると、LDLやVLDLはあまり変化しないが、CMは食後から数時間にかけて高値を示す。一方、年齢別では加齢によりLDLやVLDLは高値を示し、女性は閉経後高値となる。

 組成からみるとβ-LPに含まれる脂質の約50 %がコレステロールであり、リン脂質が35 %、中性脂肪が15 %を占める。β-LPの変動はこれらの動きを反映しており、個々の脂質やリポ蛋白分画の測定が、病態の判定には必要となる。

【高値を示す疾患】

甲状腺機能低下症家族性高リポ蛋白血症2a型家族性高リポ蛋白血症2b型高リポ蛋白血症ネフローゼ症候群

【低値を示す疾患】

甲状腺機能亢進症無ベータリポ蛋白血症肝硬変症

関連疾患

E03.9.4:甲状腺機能低下症 E00-E07:甲状腺疾患
E78.0.8:家族性高リポ蛋白血症2a型 E70-E90:代謝疾患
E78.2.1:家族性高リポ蛋白血症2b型 E70-E90:代謝疾患
E78.5.1:高リポ蛋白血症 E70-E90:代謝疾患
N04.9.3:ネフローゼ症候群 N00-N08:糸球体疾患
E05.9.5:甲状腺機能亢進症 E00-E07:甲状腺疾患
E78.6.11:無ベータリポ蛋白血症 E70-E90:代謝疾患
K74.6.13:肝硬変症 K70-K77:肝疾患
※ ICD10第2階層コードでグルーピングした検査項目の一覧ページを表示します.

フリーワード検索

複数ワードはスペース区切り:
ページトップへ

記載内容について