WEB総合検査案内 掲載内容は、2024 年 7 月 1 日時点の情報です。

項目
コード
検査項目 採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法 基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要日数

00521

FAX

浸透圧 〈血清〉

3H045-0000-023-902

血液
3

遠心

 

血清
1

 

 

 

01

 

 

4週

冷蔵

氷点降下法

mOsm/kg・H2O

275~290

15

D005 3

血液

2~3日

項目
コード
検査項目

00521

FAX

浸透圧 〈血清〉

3H045-0000-023-902

採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法
血液
3

遠心

 

血清
1

 

 

 

01

 

 

4週

冷蔵

氷点降下法
基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要
日数

mOsm/kg・H2O

275~290

15

D005 3

血液

2~3日

備考

項目

  • チャート参照:緊急報告対象項目とその基準

報告

  • 報告書では文字数の都合でmOsm/kgと表記しています。

参考

  • 総合検査依頼書のマークチェックで依頼可能な項目です。

診療報酬

  • 保険名称:血液形態・機能検査/血液浸透圧
  • 実施料:15
  • 診療報酬区分:D005 3
  • 判断料区分:血液学的検査

チャート

緊急報告対象項目とその基準

容器

容器番号01:汎用容器(分離剤入り)

  • 容量: 6mL・8.5mL
  • 添加剤: 凝固促進剤
  • 保管方法:常温
  • 有効期間:容器および箱表示
  • 主な検査項目: -

参考文献

長浜大輔: 検査と技術 14, 961, 1986.

検査項目解説

臨床的意義

脱水や昏睡状態時に必須の体液恒常性の指標であり、水分摂取や尿濃縮能を反映する。尿量、発汗量により調節される。

 生体の体液濃度や量などの恒常性は、血清浸透圧により厳密にコントロールされている。

 血清浸透圧はナトリウム(Na)やカリウム(K)などの電解質や、グルコース(Glu)、尿素窒素(UN)などの濃度により構成されており、次式により概算される。

[血清浸透圧]

血清浸透圧
=2(Na+K)+BUN/2.8+Glu/18

 (電解質の単位はmEq/L,GluとUNはmg/dL)

 上式があてはまらない例として、著しい高血糖や脂質異常症、高ガンマグロブリン血症などがある。

 また、他にアルブミン濃度により決定されている膠質浸透圧があるが、浸透圧全体に占める割合は小さい。

 浸透圧は、第一義的には口渇による水分摂取と抗利尿ホルモン(ADH)を介した尿量により調節される。水分摂取量が少ないと、体液量の減少により浸透圧が上昇することでADHの分泌が亢進する。これにより尿細管の水分再吸収が促進され、尿は少量となり濃縮されて尿浸透圧は上昇、血清浸透圧は低下する。このように浸透圧は体液の濃縮・希釈の動態に密接な関係があるため、血中Naの異常やADH分泌異常、腎臓における尿の希釈や濃縮能異常の原因究明に用いられる。

 本検査は、浸透圧をモル凝固点降下の原理で測定するものである。

【高値を示す疾患】

[血中]
下痢症糖尿病性昏睡高尿酸血症高ナトリウム血症高窒素血症
[尿中]
腎不全腎障害

【低値を示す疾患】

[血中]
甲状腺機能低下症低ナトリウム血症

関連疾患

A09.9.4:下痢症 A00-A09:腸管感染症
E14.0.2:糖尿病性昏睡 E10-E14:糖尿病
E79.0.2:高尿酸血症 E70-E90:代謝疾患
E87.0.1:高ナトリウム血症 E70-E90:代謝疾患
R79.8.8:高窒素血症 R70-R79:白血球異常
N19.3:腎不全 N17-N19:腎不全
N28.9.5:腎障害 N25-N29:その他の腎・尿管の疾患
E03.9.4:甲状腺機能低下症 E00-E07:甲状腺疾患
E87.1.9:低ナトリウム血症 E70-E90:代謝疾患
※ ICD10第2階層コードでグルーピングした検査項目の一覧ページを表示します.

フリーワード検索

複数ワードはスペース区切り:
ページトップへ

記載内容について