WEB総合検査案内 掲載内容は、2024 年 7 月 1 日時点の情報です。

項目
コード
検査項目 採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法 基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要日数

27612

トリヨードサイロニン
(T3)《ECLIA》

4B010-0000-023-053

血液
1

遠心

 

血清
0.3

 

 

 

01

 

 

14日

冷蔵

ECLIA

ng/dL

80~160

99

D008 7

生Ⅱ

2~3日

項目
コード
検査項目

27612

トリヨードサイロニン
(T3)《ECLIA》

4B010-0000-023-053

採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法
血液
1

遠心

 

血清
0.3

 

 

 

01

 

 

14日

冷蔵

ECLIA
基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要
日数

ng/dL

80~160

99

D008 7

生Ⅱ

2~3日

備考

参考

診療報酬

  • 保険名称:内分泌学的検査/トリヨードサイロニン(T3)
  • 実施料:99
  • 診療報酬区分:D008 7
  • 判断料区分:生化学的検査(Ⅱ)

容器

容器番号01:汎用容器(分離剤入り)

  • 容量: 6mL・8.5mL
  • 添加剤: 凝固促進剤
  • 保管方法:常温
  • 有効期間:容器および箱表示
  • 主な検査項目: -

検査項目解説

臨床的意義

甲状腺ホルモンの一種である。T4やTSHと同時に測定することにより、甲状腺疾患の診断に用いられる。

 トリヨードサイロニン(T3)は、サイロキシン(T4)とともに甲状腺より分泌されるホルモンである。ともに基礎代謝を高める作用を有する。分子中にヨードを3分子持つためT3と呼ばれる。

 T4が100 %甲状腺でつくられるのに対して、T3は80 %が末梢組織で脱ヨード化によるT4からT3への変換で合成される。分子量が小さいために細胞透過性が強く、T4の4~5倍の生理活性があり、また、即効的である。血中においては99.7 %がサイロキシン結合グロブリン(TBG)などとのタンパク質結合型として存在し、末梢で生理作用を発揮するものは遊離型のT3(FT3)である。

 生物学的半減期は約1日と短い。加齢により低下する傾向があり、TBGの影響を受けるのでTBG値を上昇させるような薬物の投与や病態で高値を招き、反対のケースで低下する。

 甲状腺機能の診断にはT3とT4の値がパラレルに変動しないことがあるため、T4を同時測定して評価する。

 検査法によっては患者血清中に抗T3抗体が存在するとアッセイ系に干渉し、異常高値または低値を呈することがあるので注意を要する。

【高値を示す疾患】

甲状腺機能亢進症亜急性甲状腺炎甲状腺ホルモン不応症

【低値を示す疾患】

甲状腺機能低下症肝硬変症ネフローゼ症候群

備考

関連疾患

E07.8.7:甲状腺ホルモン不応症 E00-E07:甲状腺疾患
E05.9.5:甲状腺機能亢進症 E00-E07:甲状腺疾患
E06.1.1:亜急性甲状腺炎 E00-E07:甲状腺疾患
K74.6.13:肝硬変症 K70-K77:肝疾患
N04.9.3:ネフローゼ症候群 N00-N08:糸球体疾患
E03.9.4:甲状腺機能低下症 E00-E07:甲状腺疾患
※ ICD10第2階層コードでグルーピングした検査項目の一覧ページを表示します.

フリーワード検索

複数ワードはスペース区切り:
ページトップへ

記載内容について