WEB総合検査案内 掲載内容は、2024 年 7 月 1 日時点の情報です。

項目
コード
検査項目 採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法 基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要日数

00879

パルボウイルスB19核酸同定

5F011-1440-023-862

単独検体開栓厳禁

血液
2

遠心

 

血清
0.4

 

 

 

指定容器 

97

 

 

 

 

-20℃以下

リアルタイムPCR法

検出せず

2~8日

項目
コード
検査項目

00879

パルボウイルスB19核酸同定

5F011-1440-023-862

採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法

単独検体開栓厳禁

血液
2

遠心

 

血清
0.4

 

 

 

指定容器 

97

 

 

 

 

-20℃以下

リアルタイムPCR法
基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要
日数

検出せず

2~8日

備考

検体

  • 必ず遺伝子検査の専用検体としてご提出ください(同一検体で病原体核酸検査以外の項目との重複依頼は避けてください)。
  • コンタミネーション防止などのため、検体採取後は容器を開栓しないでください。
  • チャート参照:血清を用いた遺伝子増幅検査の留意点

チャート

血清を用いた遺伝子増幅(PCRなど)検査の留意点

容器

容器番号97:ウイルス遺伝子検査用容器(血清用)

  • 容量: 5mL
  • 添加剤: 凝固促進剤
  • 保管方法:常温
  • 有効期間:容器および外袋表示
  • 主な検査項目: HBV-DNA定量,
    HCV-RNA定量
    《TaqManPCR法》

検査項目解説

臨床的意義

伝染性紅斑(リンゴ病)の原因ウイルスである。春に流行し妊婦では流産や胎児水腫の原因になる。

 パルボウイルスB19(parvovirus B19)は、20 nmの小型の伝染性紅斑(erythema infectiosum)の原因ウイルスであり、頬が発疹でびまん性に赤くなることから一般にリンゴ病と呼ばれている。

 経口または呼吸器系の分泌物による飛沫感染により伝播すると考えられており、輸血や血液製剤による感染経路も推測されている。

 本ウイルスの宿主はヒト赤芽球系細胞で、ヒト以外には感染しない。通常は一過性感染であるが、免疫能が低下した患者では、活動性の持続感染を起こすことがある。本邦では小児の30 %、成人の60 %程度が不顕性感染を受けているとされる。

 診断は臨床症状の他に、血清抗体価およびウイルスDNAの証明により行われる。IgMの抗体価は感染後7~10日で上昇しはじめ、この頃にはウイルス血症を起こしているため、血清中でのウイルスDNAの同定も有用である。IgGは感染後2週間程度で現れはじめ、かなり長期間陽性を保つ。ウイルスDNAは、通常の経過では罹患後3週間程度まで検出される。

【陽性を示す疾患】

パルボウイルス感染症

関連疾患

B34.3.1:パルボウイルス感染症 B25-B34:その他のウイルス性疾患
※ ICD10第2階層コードでグルーピングした検査項目の一覧ページを表示します.

INFORMATION

※ 3年分のINFORMATION へのLinkを掲載しています.

フリーワード検索

複数ワードはスペース区切り:
ページトップへ

記載内容について