WEB総合検査案内 掲載内容は、2024 年 7 月 1 日時点の情報です。

項目
コード
検査項目 採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法 基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要日数

03606

リウマチ因子定量

5G160-0000-023-062

血液
2

遠心

 

血清
0.5

 

 

 

01

 

 

4週

冷蔵

LA(ラテックス凝集比濁法)

IU/mL

15 以下

30

D014 2

免疫

1~2日

項目
コード
検査項目

03606

リウマチ因子定量

5G160-0000-023-062

採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法
血液
2

遠心

 

血清
0.5

 

 

 

01

 

 

4週

冷蔵

LA(ラテックス凝集比濁法)
基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要
日数

IU/mL

15 以下

30

D014 2

免疫

1~2日

備考

検体

  • チャート参照:生化学検査・免疫血清学検査などにおいて、多項目同時依頼の際の必要血清量は、[0.45 + (0.05 x 依頼項目数)]mLが目安となります。

参考

  • 総合検査依頼書のマークチェックで依頼可能な項目です。

診療報酬

  • 保険名称:自己抗体検査/リウマトイド因子(RF)定量
  • 実施料:30
  • 診療報酬区分:D014 2
  • 判断料区分:免疫学的検査

「リウマチ因子定量」、「IgG型リウマチ因子」、「CA・RF」および「MMP-3」のうち3項目以上を併せて実施した場合には、主たる2項目のみ算定ができます。
「CA・RF」と「リウマチ因子定量」を同時に測定した場合は、主たるもののみ算定ができます。

チャート

多項目同時依頼の血清量目安(生化学検査・免疫血清学検査)

容器

容器番号01:汎用容器(分離剤入り)

  • 容量: 6mL・8.5mL
  • 添加剤: 凝固促進剤
  • 保管方法:常温
  • 有効期間:容器および箱表示
  • 主な検査項目: -

参考文献

吉野谷定美: 日本臨牀 63, 444, 2005.

検査項目解説

臨床的意義

血中のリウマチ因子を定量する検査である。関節リウマチのスクリーニングなどに有用である。

 リウマチ因子(RF)は、ヒト変性IgGのFc部分に対する抗体で、1940年にWaalerとRoseにより発見された。RFは関節リウマチ患者の70~90 %にみられ、統計にもよるがRF陽性者の40 %程度が関節リウマチであるといわれる。

 関節炎の中には関節リウマチの他に多くの疾患が存在するが、それらはRFが陽性であるか陰性であるかが有用な指標となる。RFが陰性の関節炎には変型性関節症や痛風、ライター症候群などがある。

 本検査は、IgGクラスのRFを定量するものである。この他、全身性エリテマトーデス(SLE)などの膠原病、慢性肝疾患などでもRFは軽度ながら上昇をみることがある。

 本検査は、2008年に保険適用外になったRA(定性)やRAPAに代わる検査として、診断スクリーニングに有用である。

【高値を示す疾患】

関節リウマチシェーグレン症候群間質性肺炎肝硬変症膠原病

関連疾患

J84.9.1:間質性肺炎 J80-J84:その他の肺疾患
K74.6.13:肝硬変症 K70-K77:肝疾患
M35.9.3:膠原病 M30-M36:全身性結合組織疾患
M06.9.2:関節リウマチ M05-M14:炎症性多発性関節疾患
M35.0.1:シェーグレン症候群 M30-M36:全身性結合組織疾患
※ ICD10第2階層コードでグルーピングした検査項目の一覧ページを表示します.

フリーワード検索

複数ワードはスペース区切り:
ページトップへ

記載内容について