WEB総合検査案内 掲載内容は、2024 年 6 月 1 日時点の情報です。

補体

項目
コード
検査項目 採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法 基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要日数

00227

血清補体価
(CH50)

5B010

感作赤血球を50 %溶血させる補体の量を調べる検査である。C1~C9からなる補体の総活性を反映し、補体の産生低下や消費亢進で低値となる。

単独検体

血液
2

遠心

血清
0.4

 

01

02

 

 

 

-20℃以下

Mayer変法

CH50/mL

30~46

38

D015 4

免疫

2~3日

00249

C3
1C/β1Aグロブリン)

5B023

補体を測定する検査である。C3は古典経路と第2経路の活性化をあらわし、C4は古典経路の活性化で低下する。

血液
2

遠心

 

血清
0.5

 

 

 

01

 

 

1週

冷蔵

TIA

mg/dL

65~135

70

D015 8

免疫

1~2日

00250

C4
1Eグロブリン)

5B024

補体を測定する検査である。C3は古典経路と第2経路の活性化をあらわし、C4は古典経路の活性化で低下する。

血液
2

遠心

 

血清
0.5

 

 

 

01

 

 

1週

冷蔵

TIA

mg/dL

13~35

70

D015 8

免疫

1~2日

15072

C1-インアクチベーター活性 [補体]
(C1エステラーゼインヒビター)(C1インヒビター)(C1インアクチベータ)

5B045

セリンプロテアーゼ活性を阻害するC1-インアクチベーターの活性を調べる検査である。

血液
1.8

遠心

 

クエン酸血漿
0.5

15

 

02

 

 

1カ月

発色性合成基質法

%

70~130

253

D015 25

免疫

2~8日

フリーワード検索

複数ワードはスペース区切り:
ページトップへ

記載内容について