WEB総合検査案内 掲載内容は、2024 年 7 月 1 日時点の情報です。

項目
コード
検査項目 採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法 基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要日数

25953

抗セントロメア抗体

5G090-0000-023-052

血液
2

遠心

血清
0.4

 

 

01

 

 

冷蔵

CLEIA

U/mL

10.0 未満

174

D014 20

免疫

2~3日

項目
コード
検査項目

25953

抗セントロメア抗体

5G090-0000-023-052

採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法
血液
2

遠心

血清
0.4

 

 

01

 

 

冷蔵

CLEIA
基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要
日数

U/mL

10.0 未満

174

D014 20

免疫

2~3日

診療報酬

  • 保険名称:自己抗体検査/抗セントロメア抗体定量
  • 実施料:174
  • 診療報酬区分:D014 20
  • 判断料区分:免疫学的検査

原発性胆汁性胆管炎または強皮症の診断または治療方針の決定を目的に用いた場合にのみ算定できます。

容器

容器番号01:汎用容器(分離剤入り)

  • 容量: 6mL・8.5mL
  • 添加剤: 凝固促進剤
  • 保管方法:常温
  • 有効期間:容器および箱表示
  • 主な検査項目: -

参考文献

小島和夫, 他: 医学と薬学 69, (4), 677, 2013.

検査項目解説

臨床的意義

染色体の動原部に特異的に反応する自己抗体である。SScの一病型である限局皮膚硬化型全身性強皮症で高頻度に検出される。

 抗セントロメア抗体(ACA)は、抗核抗体のひとつであり、対応抗原は染色体セントロメア(動原体)である。

 全身性強皮症(systemic sclerosis:SSc)は、典型的な症状を示すびまん皮膚硬化型全身性強皮症と、手指や顔面などに限る比較的軽症型の限局皮膚硬化型全身性強皮症に分類される。症状として、レイノー症状や皮膚硬化、逆流性食道炎、手指の屈曲拘縮などが認められる。びまん皮膚硬化型全身性強皮症では、発症後5~6年以内に皮膚硬化の進行および内臓に病変が出現することがある。

 ACAは、抗Scl-70抗体とともに主に限局皮膚硬化型全身性強皮症で陽性となる。

 本検査は、CLEIA法を用いており、従来の蛍光抗体法と比較して、細胞周期に関与し染色体の正しい分配を阻害するといわれるcentromere protein-B(CENP-B)に対する抗体に特異的である。

【高値を示す疾患】

原発性胆汁性胆管炎全身性強皮症クレスト症候群

備考

  • チャート参照:膠原病にみられる特徴的な検査所見

関連疾患

M34.1.1:クレスト症候群 M30-M36:全身性結合組織疾患
K74.3.4:原発性胆汁性胆管炎 K70-K77:肝疾患
M34.0.1:全身性強皮症 M30-M36:全身性結合組織疾患
※ ICD10第2階層コードでグルーピングした検査項目の一覧ページを表示します.

フリーワード検索

複数ワードはスペース区切り:
ページトップへ

記載内容について