WEB総合検査案内 掲載内容は、2024 年 6 月 1 日時点の情報です。

『COVID-19』に関連する検査項目

項目
コード
検査項目 採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法 基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要日数

12290

インターフェロン-λ3
(IFN-λ3)

5J053

Ⅲ型IFNのひとつで、抗ウイルス活性と免疫応答の調整を行っている。COVID-19において重症化リスクを判断する有用な検査である。

血液
1

遠心

 

血清
0.3

 

 

 

01

 

 

7日

冷蔵

CLEIA

pg/mL

13.6 未満

340

D015 28

免疫

2~3日

12271

インターロイキン-6
(IL-6)《ECLIA》

5J130

炎症早期に産生されるサイトカインで、臓器障害の発生を予測することが可能である。SIRSの重症度判定に有用な検査である。COVID-19の重症度マーカーとしても注目を浴びている。

血液
2

遠心

 

血清
0.5

01

 

02

 

 

24カ月

ECLIA

pg/mL

7.0 以下

(重症度判定の参考カットオフ値
:100)

170

D015 17

免疫

2~3日

12471

TARC/新型コロナ重症化リスク

5J228

アトピー性皮膚炎の重症度評価の補助に加え、COVID-19と診断された患者の重症化リスクの判定補助に有用である。

血液
1

遠心

 

血清
0.3

 

 

 

01

 

 

1カ月

冷蔵

CLEIA

pg/mL

95.1 以上

(SARS-CoV-2陽性患者の重症化
リスクの判定補助における
カットオフ値:95.0(成人))

179

D015 18

免疫

2~3日

フリーワード検索

複数ワードはスペース区切り:
ページトップへ

記載内容について