WEB総合検査案内 掲載内容は、2024 年 6 月 1 日時点の情報です。

『HTLV-1キャリア』に関連する検査項目

項目
コード
検査項目 採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法 基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要日数

30318

HTLV-Ⅰ抗体
(ATLA抗体)《スクリーニング》

5F450

成人T細胞白血病の原因ウイルスであるHTLV-1感染を診断する。抗体検査によるスクリーニング検査と確認検査ならびに抗体確認検査が、判定保留の際の核酸同定検査がある。

血液
2

遠心

 

血清
0.5

 

 

 

01

 

 

2週

冷蔵

CLIA

陰性(-)
(S/CO) 1.00 未満

159

D012 31

免疫

2~3日

27528

HTLV-Ⅰ抗体
(ATLA抗体)《確認試験》

5F460

成人T細胞白血病の原因ウイルスであるHTLV-1感染を診断する。抗体検査によるスクリーニング検査と確認検査ならびに抗体確認検査が、判定保留の際の核酸同定検査がある。

血液
2

遠心

 

血清
0.6

 

 

 

01

 

 

60日

冷蔵

ラインブロット法(LIA)

陰性(-)

425

D012 60

免疫

3~9日

27122

曜日指定

HTLV-1核酸同定

5F450

成人T細胞白血病の原因ウイルスであるHTLV-1感染を診断する。抗体検査によるスクリーニング検査と確認検査ならびに抗体確認検査が、判定保留の際の核酸同定検査がある。

開栓厳禁単独検体

EDTA加血液
7

 

89

 

冷蔵

リアルタイムPCR法

検出せず

450

D023 17

微生

5~16日

49053

曜日指定

HTLV-1/ATL HAS-Flow解析(R)

細胞表面抗原であるCD7の発現低下やCADM1の発現増加を調べ、HTLV-1感染からATL発症に至るまでの病態把握や発症予測に有用な検査である。

 

ヘパリン加血液
2

または

 

EDTA加血液
2

 

10

 

 

13

24時間

常温

 

24時間

常温

フローサイトメトリー法

1940

D005 15

血液

2~3日

フリーワード検索

複数ワードはスペース区切り:
ページトップへ

記載内容について