WEB総合検査案内 掲載内容は、2024 年 7 月 1 日時点の情報です。

項目
コード
検査項目 採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法 基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要日数

00322

ASO定量

5E035-0000-023-062

血液
2

遠心

 

血清
0.5

 

 

 

01

 

 

4週

冷蔵

LA(ラテックス凝集比濁法)

IU/mL

200 以下

15

D012 1

免疫

1~2日

項目
コード
検査項目

00322

ASO定量

5E035-0000-023-062

採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法
血液
2

遠心

 

血清
0.5

 

 

 

01

 

 

4週

冷蔵

LA(ラテックス凝集比濁法)
基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要
日数

IU/mL

200 以下

15

D012 1

免疫

1~2日

備考

検体

  • チャート参照:生化学検査・免疫血清学検査などにおいて、多項目同時依頼の際の必要血清量は、[0.45 + (0.05 x 依頼項目数)]mLが目安となります。

参考

  • チャート参照:手術前管理料の対象項目です。
  • 総合検査依頼書のマークチェックで依頼可能な項目です。

診療報酬

  • 保険名称:感染症免疫学的検査/抗ストレプトリジンO(ASO)半定量
  • 実施料:15
  • 診療報酬区分:D012 1
  • 判断料区分:免疫学的検査

チャート

多項目同時依頼の血清量目安(生化学検査・免疫血清学検査)

容器

容器番号01:汎用容器(分離剤入り)

  • 容量: 6mL・8.5mL
  • 添加剤: 凝固促進剤
  • 保管方法:常温
  • 有効期間:容器および箱表示
  • 主な検査項目: -

参考文献

堀 好恵, 他: 機器・試薬 20, 98, 1997.

検査項目解説

臨床的意義

溶連菌(A群β型溶血性連鎖球菌)毒素の中和抗体を測定する検査である。溶連菌感染の診断に用いられる。

 ストレプトリジンO(SLO)は、咽頭などに存在するグラム陽性球菌、Streptococcus pyogenesの産生する溶血素である。ASOは、ストレプトリジンOに対する抗体価を測定する検査である。本菌を含む溶連菌(A群β溶血性連鎖球菌)に感染すると血中にこの抗体が増加する。ASO価とは、この毒素中和抗体の力価をいう。

 SLOは、強い溶血活性を示すため、適切な条件下で動物血球を作用させると溶血が起こるが、前もってSLOをASOで中和しておけば、これに動物血球を作用させても溶血は起こらない。このような性質を利用した毒性中和反応を用いて、ASO価測定を行い、溶連菌感染症(リウマチ熱、急性糸球体腎炎など)のスクリーニングが行われる。

 ASO価は、溶連菌感染後約1週間より上昇し、3~5週でピークに達し、3カ月ごろには元の値に戻る。このため咽頭培養で溶連菌が証明されなくても、ASO価上昇が起こることがあり、その逆の場合も起こり得る。溶連菌感染症の全てに上昇がみられるわけでもなく、感度はおよそ80 %といわれている。また、単なる保菌者では上昇はみられない。

【高値を示す疾患】

猩紅熱丹毒溶連菌感染症リウマチ熱急性糸球体腎炎

関連疾患

A38.2:猩紅熱 A30-A49:細菌性疾患
A46.8:丹毒 A30-A49:細菌性疾患
A49.1.8:溶連菌感染症 A30-A49:細菌性疾患
I00-I02:リウマチ熱 I00-I02:リウマチ熱
N00.9.1:急性糸球体腎炎 N00-N08:糸球体疾患
※ ICD10第2階層コードでグルーピングした検査項目の一覧ページを表示します.

フリーワード検索

複数ワードはスペース区切り:
ページトップへ

記載内容について