WEB総合検査案内 掲載内容は、2024 年 7 月 1 日時点の情報です。

項目
コード
検査項目 採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法 基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要日数

00504

ヘマトクリット
(Ht)

2A040-0000-019-309

EDTA加血液
2

13

冷蔵凍結不可

赤血球パルス波高値検出法

%

M 39.7~52.4
F 34.8~45.0

21

D005 5

血液

1~2日

項目
コード
検査項目

00504

ヘマトクリット
(Ht)

2A040-0000-019-309

採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法
EDTA加血液
2

13

冷蔵凍結不可

赤血球パルス波高値検出法
基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要
日数

%

M 39.7~52.4
F 34.8~45.0

21

D005 5

血液

1~2日

備考

依頼

  • 依頼書で「血液5種」を依頼すると「白血球数」「赤血球数」「ヘモグロビン」「ヘマトクリット」「血小板数」の5項目をご報告します(こちらの5項目に加えて白血球像が必要な場合は「血液6種」をご依頼ください)。

参考

  • チャート参照:透析管理料の対象項目です。
  • チャート参照:手術前管理料の対象項目です。
  • 総合検査依頼書のマークチェックで依頼可能な項目です。

診療報酬

  • 保険名称:血液形態・機能検査/末梢血液一般検査
  • 実施料:21
  • 診療報酬区分:D005 5
  • 判断料区分:血液学的検査

実施料は、「末梢血液一般検査」として一連の算定となります。

容器

容器番号13:血液学容器

  • 採取量: 2mL・3mL・4mL
  • 添加剤: EDTA-2K
  • 保管方法:常温
  • 有効期間:容器および箱表示
  • 主な検査項目: 末梢血液一般検査,
    血液像,
    血液型,
    直接クームス試験,
    遺伝子検査

参考文献

巽 典之, 他: 日臨検自動化会誌 12, 102, 1987.

検査項目解説

臨床的意義

血液中に占める赤血球の全容積をパーセント表示した値である。貧血のスクリーニングと分類に用いられ、貧血で低値を示す。

 ヘマトクリット(Ht)検査は、血液中に占める赤血球の全容積をパーセントで表現した値である。貧血で減少し、多血症で高値をとる。

 Htは赤血球数や血色素量と合わせて測定されるのが一般的である。真性多血症では、Ht値が70 %以上でヘモグロビン20 g/dL以上、赤血球800万/μL以上という症例も報告されている。

 一方、貧血症例でHtは低値となるが、赤血球数とヘモグロビン(血色素量)およびHtは必ずしも並行せず、病態によって異なる動きを示す。このためHtと赤血球数からMCVすなわち赤血球の1個当たりの平均容積を算出し、正球性・小球性・大球性貧血の鑑別が行われる。

 一般に女性では、過多月経や鉄分摂取不足による鉄欠乏性貧血が多く、MCV低値、血清鉄やフェリチンの低下がみられる。中高年以上で原因不明の正球性および小球性貧血をみた場合は、消化管や婦人科系の悪性腫瘍を疑い、精査を行うべきである。一方、アルコール依存症やビタミンB12欠乏症ではMCVが高値を示す。また、高齢者では、赤血球数やHt、MCHが働き盛りの成人に比べ低値傾向を示すが、MCVは基準範囲内に留まる。

 なお、採血時に十分量がとれずEDTAと混和する血液量が少ない場合、赤血球が萎縮するためHt値は見かけ上、低値を示すことがある。

【高値を示す疾患】

多血症脱水症

【低値を示す疾患】

出血性貧血鉄欠乏性貧血悪性貧血葉酸欠乏性貧血巨赤芽球性貧血溶血性貧血サラセミア再生不良性貧血鉄芽球性貧血

関連疾患

D75.1.7:多血症 D70-D77:その他の血液疾患
E86.7:脱水症 E70-E90:代謝疾患
D64.3.2:鉄芽球性貧血 D60-D64:その他の貧血
D50.0.1:出血性貧血 D50-D53:栄養性・出血性貧血
D50.9.2:鉄欠乏性貧血 D50-D53:栄養性・出血性貧血
D51.0.2:悪性貧血 D50-D53:栄養性・出血性貧血
D52:葉酸欠乏性貧血 D50-D53:栄養性・出血性貧血
D53.1.1:巨赤芽球性貧血 D50-D53:栄養性・出血性貧血
D55-D59:溶血性貧血 D55-D59:溶血性貧血
D56.9.1:サラセミア D55-D59:溶血性貧血
D61.9.4:再生不良性貧血 D60-D64:その他の貧血
※ ICD10第2階層コードでグルーピングした検査項目の一覧ページを表示します.

フリーワード検索

複数ワードはスペース区切り:
ページトップへ

記載内容について