WEB総合検査案内 掲載内容は、2024 年 6 月 1 日時点の情報です。

『クローン病』に関連する検査項目

項目
コード
検査項目 採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法 基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要日数

00241

α2マクログロブリン

5C035

血中に最も多く存在しているプロテアーゼインヒビターである。ネフローゼ症候群で血中に増加する。

血液
2

遠心

 

血清
0.4

 

 

 

01

 

 

4週

冷蔵

ネフェロメトリー法

mg/dL

M 100~200
F 130~250

包括138

D006 17

血液

2~5日

20134

ロイシンリッチα2グリコプロテイン
(LRG)

5C245

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病など)の病勢を反映するマーカーである。

血液
2

遠心

 

血清
0.4

 

 

 

01

 

 

7日

冷蔵

LA(ラテックス凝集比濁法)

μg/mL

16.0 未満
(炎症性腸疾患の活動期の
判定補助における参考基準値)

268

D007 57

生Ⅰ

2~3日

27104

便中カルプロテクチン

5C235

慢性的な炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病など)の診断補助および病態把握に有用な検査である。

糞便
1g

33

FEIA

mg/kg

炎症性腸疾患の診断補助の指標
50 以下
潰瘍性大腸炎の病態把握の指標
300 以下
クローン病の病態把握の指標
80 以下

268

D003 9

尿便

3~6日

45665

曜日指定

NUDT15多型解析

8C955

チオプリン製剤の投与による副作用予測に有用な検査である。

開栓厳禁

EDTA加血液
3

 

13

 

冷蔵

リアルタイムPCR法

2100

D006-17

遺染

5~11日

02941

便中ヘモグロビン [糞便検査]

1B040

免疫学的測定により下部消化管の出血を調べる検査である。ヒトのヘモグロビンに特異的に反応し消化管の出血を知ることができる。炎症性腸疾患や大腸癌などのスクリーニングに有用である。

 

糞便

指定容器 

31

 

冷蔵

ラテックス凝集法

(-)

37

D003 5

尿便

2~3日

フリーワード検索

複数ワードはスペース区切り:
ページトップへ

記載内容について