検査項目解説検査項目解説

掲載内容は、2021年10月1日時点の情報です。

入力コード 01652  統一コード 8B200 
項目名 Rバンド分染法
chromosome analysis by reverse banding
実施料
2631+397
判断料区分 遺染 
健康保険名称  染色体検査(全ての費用を含む。) 
検査方法
分染法
検査材料
ヘパリン加血液
 
検体量(ml)
容器番号
保存方法
1 ヘパリン加血液 3
10
冷蔵
検査材料備考

※『遺伝学的検査依頼書【先天異常 染色体検査】』をご利用ください。

報告所要日数
14~21日

※判定に当たり精査が必要な場合、さらに10日前後報告日数が延長となります。

臨床的
意義 
GバンドやQバンド分染法では検出し難い染色体末端部の欠失、転座を同定する検査。
   患者から採取したリンパ球を用いて、染色体の異常を調べる検査である。

 「R(reverse)バンド」の名称は、Gバンド分染法や、Qバンド分染法と濃淡が逆(reverse)の染色パターンを示すことに由来する。

 本染色法は、標本をchromomycin A3で処理し、蛍光物質であるmethylgreenにより染色を行う。GおよびQ分染法で淡いバンドを示す染色体末端部が、R分染法では逆に濃く染色される。このため、特に染色体末端部分に存在するテロメアの異常を調べるのに、Rバンドは適した分染法である。

 また、GおよびQ分染法では、染色体の切断部位が淡染部に多いため、詳細な同定が難しい場合がある。これに対しRバンド分染法では、染色が逆パターンになるため、染色体の末端部の欠失や転座などの検出同定に優れている。

 このようにRバンド分染法の主たる用途は、淡染色性である染色体末端部や切断部を明瞭に解析することにある。

【検査の目的とされる病態】
 染色体末端部のテロメア異常
関連項目 先天性Gバンド分染法, Qバンド分染法[先天異常染色体検査], Cバンド分染法, 脆弱X染色体, 高精度分染法,
 

検査に当たり、被検者へ十分な説明を行ってください。被検者ご自身の承諾が文書で得られた場合にのみ、検査を受託します。依頼書の被検者名はプライバシー保護のため、匿名化をお願いします。また、検査前後の被検者への十分なカウンセリングを併せてお願いします。
Qバンド、Rバンド、Cバンド、高精度分染法は、最初にGバンド分染法を実施し、さらに検査の必要な場合に実施します。
「全サブテロメア領域解析」と同時に依頼された場合は、「全サブテロメア領域解析」の結果判定後にご報告します。
受付曜日:月~金曜日(休日は受付不可)

受付曜日:月~金曜日(休日は受付不可)

算定備考

分染法を実施した場合は、397点の加算ができます。

容  器 
提出容器

ページを閉じる