WEB総合検査案内 掲載内容は、2024 年 7 月 1 日時点の情報です。

項目
コード
検査項目 採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法 基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要日数

00019

アルドラーゼ
(ALD)

3B100-0000-023-272

溶血不可

血液
2

遠心

 

血清
0.5

 

 

 

 

01

 

 

 

3~4日

冷蔵

UV法

IU/L

2.7~5.9

包括11

D007 1

生Ⅰ

1~2日

項目
コード
検査項目

00019

アルドラーゼ
(ALD)

3B100-0000-023-272

採取量(mL)

遠心

提出量(mL)
容器 安定性
保存
方法
検査方法

溶血不可

血液
2

遠心

 

血清
0.5

 

 

 

 

01

 

 

 

3~4日

冷蔵

UV法
基準値
(単位)
実施料
診療報酬区分
判断料区分
所要
日数

IU/L

2.7~5.9

包括11

D007 1

生Ⅰ

1~2日

備考

検体

  • 溶血検体でのご依頼は避けてください。
  • チャート参照:生化学検査・免疫血清学検査などにおいて、多項目同時依頼の際の必要血清量は、[0.45 + (0.05 x 依頼項目数)]mLが目安となります。

参考

  • チャート参照:手術前管理料の対象項目です。
  • 総合検査依頼書のマークチェックで依頼可能な項目です。

診療報酬

  • 保険名称:血液化学検査/アルドラーゼ
  • 実施料:包括11
  • 診療報酬区分:D007 1
  • 判断料区分:生化学的検査(Ⅰ)

チャート

多項目同時依頼の血清量目安(生化学検査・免疫血清学検査)

容器

容器番号01:汎用容器(分離剤入り)

  • 容量: 6mL・8.5mL
  • 添加剤: 凝固促進剤
  • 保管方法:常温
  • 有効期間:容器および箱表示
  • 主な検査項目: -

参考文献

宮原洋一: Med. Technol. 12, 157, 1984.

検査項目解説

臨床的意義

細胞の崩壊や壊死、代謝障害で高値となる解糖系酵素である。組織崩壊をリアルタイムで反映する一方、臓器特異性が低いため補助診断に用いられる。

 アルドラーゼ(ALD)は、ヒトの生体内に広く分布する解糖系酵素である。

 ALDは、Embden-Meyerhof経路に作用し、フルクトース1,6-2リン酸(FDP)を、D-グリセルアルデヒド3-リン酸(GAP)とジヒドロキシアセトンリン酸(DHAP)に可逆的に分解する。また、フルクトース1-リン酸(F1P)を、DHAPとD-グリセルアルデヒドに非可逆的に分解する反応を触媒する。

 ALDは、α,β,γの3つのサブユニットにより構成される四量体であり、A,B,C3種類のアイソザイムが知られている。Aは心筋,骨格筋,脳などのエネルギー産生の高い臓器に多く含まれ、Bは肝臓,腎臓,小腸上皮などに多く含まれている。Cは中間的な性状を持ち、脳や脊髄などの中枢神経系に存在する。

 ALDのアイソザイム検査はあまり行われておらず、UV法では主にA型の活性が測定される。

 赤血球内には多量のALDが含まれているため、溶血検体では見かけ上高値となる。

【高値を示す疾患】

悪性リンパ腫溶血性貧血甲状腺機能低下症ギラン・バレー症候群筋ジストロフィー急性心筋梗塞多発性筋炎急性肝炎白血病髄膜炎うっ血性心不全急性膵炎

【低値を示す疾患】

遺伝性果糖不耐症

関連疾患

B17.9.3:急性肝炎 B15-B19:ウイルス性肝炎
C95.9.1:白血病 C81-C96:リンパ組織・造血器腫瘍
G03.9.5:髄膜炎 G00-G09:中枢神経系の炎症性疾患
I50.0.1:うっ血性心不全 I30-I52:その他の心疾患
K85.9.5:急性膵炎 K80-K87:胆嚢・胆管・膵の疾患
C85.9.2:悪性リンパ腫 C81-C96:リンパ組織・造血器腫瘍
D55-D59:溶血性貧血 D55-D59:溶血性貧血
E03.9.4:甲状腺機能低下症 E00-E07:甲状腺疾患
G61.0.1:ギラン・バレー症候群 G60-G64:末梢神経系の疾患
G71.0.16:筋ジストロフィー G70-G73:神経筋接合部・筋の疾患
I21.9.5:急性心筋梗塞 I20-I25:虚血性心疾患
M33.2.1:多発性筋炎 M30-M36:全身性結合組織疾患
E74.1.2:遺伝性果糖不耐症 E70-E90:代謝疾患
※ ICD10第2階層コードでグルーピングした検査項目の一覧ページを表示します.

フリーワード検索

複数ワードはスペース区切り:
ページトップへ

記載内容について