検査項目解説 掲載内容は、2022 年 1 月 1 日時点の情報です。

微生物学検査

項目コード 検査項目 分類 実施料
判断科区分
所要日数

6A010

塗抹鏡検<グラム染色>

尿・喀痰などに含まれる細菌をグラム染色にて判定。各種細菌感染症のスクリーニングに適する最も基本的な検査。

微生物学検査
一般細菌・真菌検査

61

微生

2~3日

6A010

塗抹鏡検<墨汁染色>

微生物学検査
一般細菌・真菌検査

61

微生

2~3日

6A105

真菌塗抹

微生物学検査
一般細菌・真菌検査

61

微生

2~3日

6A010

キャンピロバクター鏡検

微生物学検査
一般細菌・真菌検査

61

微生

2~3日

6B010

培養・同定 口腔・気道・呼吸器

検体に最適な培地を選び、選択的に培養することで細菌を同定する、最も基本的な細菌学的検査。

微生物学検査
一般細菌・真菌検査

160

微生

3~5日

6B010

培養・同定 消化器

微生物学検査
一般細菌・真菌検査

180

微生

4~6日

6B010

培養・同定 消化器

検体に最適な培地を選び、選択的に培養することで細菌を同定する、最も基本的な細菌学的検査。

微生物学検査
一般細菌・真菌検査

180

微生

3~5日

6B010

培養・同定 泌尿器・生殖器

検体に最適な培地を選び、選択的に培養することで細菌を同定する、最も基本的な細菌学的検査。

微生物学検査
一般細菌・真菌検査

170

微生

3~5日

6B010

培養・同定 血液・穿刺液

検体に最適な培地を選び、選択的に培養することで細菌を同定する、最も基本的な細菌学的検査。

微生物学検査
一般細菌・真菌検査

215

微生

6B010

培養・同定 その他の部位

検体に最適な培地を選び、選択的に培養することで細菌を同定する、最も基本的な細菌学的検査。

微生物学検査
一般細菌・真菌検査

160

微生

3~5日

6B010

嫌気性培養

微生物学検査
一般細菌・真菌検査

112加算

微生

4~6日

6C010

感受性検査 1菌種

喀痰、血液、尿などの検体より分離された細菌に対し、有効な抗菌薬を明らかにする検査。

微生物学検査
一般細菌

170

微生

4~6日

6C010

感受性検査 2菌種

喀痰、血液、尿などの検体より分離された細菌に対し、有効な抗菌薬を明らかにする検査。

微生物学検査
一般細菌

220

微生

4~6日

6C010

感受性検査 3菌種以上

喀痰、血液、尿などの検体より分離された細菌に対し、有効な抗菌薬を明らかにする検査。

微生物学検査
一般細菌

280

微生

4~6日

6C050

酵母様真菌感受性検査

微生物学検査
真菌検査

150

微生

2~3日

6A205

塗抹

微生物学検査
抗酸菌検査

50+32

微生

2~3日

6B305

培養 《小川培地》

微生物学検査
抗酸菌検査

204

微生

4~8週

6B305

培養 《MGIT培地》

微生物学検査
抗酸菌検査

280

微生

3~43日

6C105

結核菌薬剤感受性検査

微生物学検査
抗酸菌検査

380

微生

8~11日

6C105

PZA抗酸菌薬剤感受性試験

微生物学検査
抗酸菌検査

380

微生

5~22日

27242
6B622

リファンピシン(RFP)耐性遺伝子同定

結核菌群遺伝子からRFP耐性遺伝子を同定する検査。

微生物学検査
抗酸菌検査

850

微生

2~3日

07239
6B325

結核菌群抗原 (結核菌群迅速同定)

微生物学検査
抗酸菌検査

291

免疫

2~3日

09596
6B620

結核菌群同定 《TaqManPCR法》

核酸増幅法(PCR法)を用い、臨床材料から結核菌を迅速同定する検査。

微生物学検査
抗酸菌検査

410

微生

2~3日

35013
6B620

結核菌群同定・菌株 《TaqManPCR法》

微生物学検査
抗酸菌検査

410

微生

2~3日

49009
5E301

T-SPOT.TB (インターフェロン-γ遊離試験)[抗酸菌検査]

末梢血を用いて結核菌感染と感染既往を診断する検査。クォンティフェロン®(QFT)と同じくBCGの影響を受けない。

微生物学検査
抗酸菌検査

612

免疫

3~4日

05158
6B621

MAC同定-DNA 《TaqManPCR法》

非定型抗酸菌の代表である一連の菌群MACの遺伝子を短時間で検出。結核との早期鑑別に有用。

微生物学検査
抗酸菌検査

421

微生

2~3日

35015
6B621

AVI-PCR/INT-PCR・菌株 《TaqManPCR法》

微生物学検査
抗酸菌検査

421

微生

2~3日

05266

マイコバクテリウム・カンサシ-DNA同定

微生物学検査
抗酸菌検査

5~10日

35211

抗酸菌同定 《質量分析法》

159菌種の抗酸菌を高感度・高精度に同定する検査。

微生物学検査
抗酸菌検査

361

微生

2~5日

定量培養 〈尿 等〉

微生物学検査
化学療法・抗菌力

7~12日

定量培養 〈体液〉

微生物学検査
化学療法・抗菌力

10~16日

腸内細菌叢検索 (腸内フローラ)

微生物学検査
化学療法・抗菌力

14~23日

6B050

MRSAスクリーニング 〈スワブ〉

黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)が抗菌薬への耐性を獲得したもので、メチシリン耐性ブドウ球菌(MRSA)という。MRSAの拡大阻止のためにも院内感染対策が求められる。

微生物学検査
MRSA検査

4~6日

6B050

MRSAスクリーニング 〈スタンプ〉

黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)が抗菌薬への耐性を獲得したもので、メチシリン耐性ブドウ球菌(MRSA)という。MRSAの拡大阻止のためにも院内感染対策が求められる。

微生物学検査
MRSA検査

4~6日

百日咳菌

春先に毎年のように小流行を繰り返す呼吸器感染症。培養・同定の成功率が低いので、抗体検査により診断されることが多い。

微生物学検査
特殊目的菌検査

7~13日

レジオネラ

微生物学検査
特殊目的菌検査

9~14日

アスペルギルス

微生物学検査
特殊目的菌検査

4~6日

ノカルジア

微生物学検査
特殊目的菌検査

7~13日

アクチノミセス (放線菌)

微生物学検査
特殊目的菌検査

9~14日

淋菌

微生物学検査
特殊目的菌検査

トリコモナス

微生物学検査
特殊目的菌検査

ガードネレラ

微生物学検査
特殊目的菌検査

4~6日

C.perfringens (ウェルシュ菌)

微生物学検査
特殊目的菌検査

4~6日

C.difficile (ディフィシル菌)

微生物学検査
特殊目的菌検査

4~6日

6B830

大腸菌血清型別

微生物学検査
特殊目的菌検査

175

免疫

4~6日

腸管出血性大腸菌(EHEC)

微生物学検査
特殊目的菌検査

175

免疫

4~6日

黄色ブドウ球菌 (MRSAを含む)

微生物学検査
特殊目的菌検査

4~6日

セレウス菌

微生物学検査
特殊目的菌検査

3~5日

エルシニア

微生物学検査
特殊目的菌検査

4~6日

6B575

ヘリコバクター・ピロリ

微生物学検査
特殊目的菌検査

5~10日

髄膜炎菌

微生物学検査
特殊目的菌検査

4~6日

クリプトコッカス

微生物学検査
特殊目的菌検査

酵母様真菌 (カンジダを含む)

微生物学検査
特殊目的菌検査

5E110

クロストリジオイデス・ディフィシル毒素検出 (Toxin A・B)

抗菌薬投与中に発症する腸炎の主要な起炎菌。分離培養が困難なので、特異的毒素であるトキシン-A、Bを検出することで迅速に同定。

微生物学検査
その他

80

免疫

2~3日

27460
6B642

クロストリジオイデス・ディフィシル毒素遺伝子検出[その他]

ディフィシル菌が産生するToxin Bの遺伝子をリアルタイムPCR法で検出する。C. difficile感染症(CDI)見逃しによる重症化の防止にも有用。

微生物学検査
その他

450

微生

2~3日

5E115

ベロ毒素検出

腸管出血性大腸菌(O157, O26等)が産生するベロ毒素を検出。

微生物学検査
その他

194

微生

4~8日

5E115

ベロ毒素直接検出法 (ベロ毒素ダイレクト法)

腸管出血性大腸菌(O157, O26等)が産生するベロ毒素を検出。

微生物学検査
その他

194

微生

2~3日

5E115

ベロ毒素直接検出法・菌株 (ベロ毒素ダイレクト法)

微生物学検査
その他

194

微生

2~3日

レジオネラ菌定量培養

微生物学検査
その他

12~16日

無菌検査 細菌の有無

微生物学検査
その他

12~16日

無菌検査 細菌同定

微生物学検査
その他

12~16日

透析液定量培養 《MF法》

微生物学検査
その他

9~10日

透析液定量培養&同定 《MF法》

微生物学検査
その他

9~13日

環境微生物検査(平板培地・スタンプ培地)

微生物学検査
その他

環境微生物検査(環境水・環境材料)

微生物学検査
その他

パルスフィールドゲル電気泳動

微生物学検査
その他

2~3週

「微生物学検査」分野共通の特記事項

  • [お願い]微生物学検査をご依頼の際は、専用依頼書をご使用ください(項目に依頼書の指定があるものを除く)。また、注意事項がありますので、「微生物学検査のご依頼について」(チャート参照)をご確認ください。
    喀痰をご提出の場合は、「喀痰の品質評価について」(チャート参照)をご参照ください。
    検査の報告表記については、「塗抹検査の報告表記」(チャート参照)、「培養同定検査の報告表記」(チャート参照)をご参照ください。

フリーワード検索

検索したい言葉を入れてください。(複数入力の場合は半角スペースで区切ってください)

複数入力の場合の絞り込み:
ページトップへ