検査項目解説 掲載内容は、2022 年 5 月 1 日時点の情報です。

50音検索 > れ

項目コード 検査項目 分類 実施料
判断科区分
所要日数

04781
3F078

レムナント様リポ蛋白-コレステロール (RLP-コレステロール)

カイロミクロンやVLDLが代謝分解される際の中間産物。血中濃度が高値の場合、動脈硬化の危険因子として注目。

生化学検査
脂質

179

生Ⅰ

1~2日

01142
5C030

レチノール結合蛋白 (RBP)

血中レチノール(ビタミンA)の特異的輸送蛋白。肝胆道疾患や腎疾患の病態把握、栄養状態の把握に用いる。

生化学検査
ビタミン

136

免疫

2~3日

25396
3L230

レベチラセタム

他剤で十分効果が得られないとき、併用される抗てんかん薬。神経終末のシナプス小胞蛋白質2A(SV2A)との結合で、発作抑制作用を発揮。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

3~4日

04688

ブロチゾラム

チエノトリアゾロジアゼピン系の睡眠導入剤。催眠、抗不安、抗痙攣作用が強い。

薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤

4~6日

26780
3L110

ブロマゼパム

薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤

4~6日

25515
3L315

レボメプロマジン

薬毒物検査
精神神経用剤

4~6日

26580
4Z010

血漿レニン活性 (PRA)

昇圧作用をもつアンジオテンシンⅠを生成する蛋白質。産生されたアンジオテンシンⅠの量からレニンの動態把握を行う検査。

内分泌学検査
腎・副腎皮質

100

生Ⅱ

3~4日

12631
4Z020

レニン濃度 (ARC)

内分泌学検査
腎・副腎皮質

105

生Ⅱ

2~3日

27666
4Z020

レニン濃度 (PRC)

血漿レニン活性と異なりアンジオテンシノーゲンの量に影響されず、レニンの絶対量を特異的に測定可能。

内分泌学検査
腎・副腎皮質

2~3日

25604
6B611

レジオネラ核酸同定

免疫血清学検査
感染症血清反応

292

微生

3~4日

00540
2A110

網状赤血球数 (レチクロ)

脱核した赤血球の中で最も若い細胞。骨髄の赤血球産生亢進に伴って増加し、造血能をみる検査として有用である。

血液学検査
血球計数

12

血液

1~2日

レジオネラ

微生物学検査
特殊目的菌検査

9~14日

06007

レジオネラ菌定量培養

微生物学検査
その他

12~16日

27587
4Z400

レプチン

脂肪組織から分泌され、摂食抑制やエネルギー消費を促進するホルモン。体脂肪量と相関し、肥満者で高値傾向を示す。

研究検査
ホルモン・神経伝達物質

4~10日

フリーワード検索

検索したい言葉を入れてください。(複数入力の場合は半角スペースで区切ってください)

複数入力の場合の絞り込み:
ページトップへ