検査項目解説 掲載内容は、2022 年 6 月 1 日時点の情報です。

薬毒物検査

項目コード 検査項目 分類 実施料
判断科区分
所要日数

01584
3L175

フェノバルビタール

催眠・鎮静、抗てんかん作用をもつバルビタール系薬剤。肝機能低下で血中半減期が大幅に延長。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

2~3日

01587
3L190

プリミドン

抗けいれん作用を有するてんかんの治療薬。血中半減期には個人差が大きいため、血中濃度測定が有用。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

2~3日

01585
3L185

フェニトイン

ヒダントイン系の代表的な抗てんかん剤。血中濃度測定で歯肉増殖などの副作用を予防。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

2~3日

01586
3L115

カルバマゼピン

てんかん、躁うつ病、統合失調症の治療薬。血中半減期は個人差、薬剤間の銘柄差が大きく、併用薬剤によって代謝が遅延する。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

2~3日

01588
3L195

バルプロ酸

最もよく用いられる抗てんかん剤の一つ。他の薬剤との併用に注意が必要。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

2~3日

04323
3L135

エトスクシミド

スクシミド系抗てんかん剤。代謝速度には個人差が大きく、TDMで適正血中濃度を維持。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

2~3日

01590
3L205

トリメタジオン

小発作などに用いられる抗てんかん剤の血中濃度測定。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

4~10日

01594
3L125

クロナゼパム

ベンゾジアゼピン系の抗てんかん剤。副作用に呼吸抑制、筋緊張低下、情動不安などが知られている。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

3~4日

01591
3L165

ニトラゼパム

ベンゾジアゼピン系の催眠剤、抗てんかん薬。血中濃度測定で中毒を予防。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

3~4日

03816
3L130

ジアゼパム

代表的なマイナートランキライザー。中毒の予防とともに服薬コンプライアンスの診断に血中濃度を測定。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

3~5日

03840
3L210

ゾニサミド

主として肝で代謝されるベンゾイソキサゾール系抗てんかん剤。肝障害時の投与量調節や服薬コンプライアンスを知る目的で血中濃度を測定。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

2~3日

03655
3L215

ガバペンチン

独自の薬理作用をもつGABA誘導体の一種。てんかんの部分発作に用いられ、体内で代謝を受けないため、腎不全で血中濃度測定が推奨される。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

3~5日

03918
3L145

クロバザム

他剤で効果が十分に認められない場合に併用される抗てんかん薬。一部の薬剤と相互作用があるので注意する。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

3~4日

25396
3L230

レベチラセタム

他剤で十分効果が得られないとき、併用される抗てんかん薬。神経終末のシナプス小胞蛋白質2A(SV2A)との結合で、発作抑制作用を発揮。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

3~4日

25415
3L220

ラモトリギン

小児にも投与可能な比較的新しい抗てんかん剤。併用薬の影響を受け、腎不全で蓄積するため血中濃度測定が行われる。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

3~4日

25416
3L225

トピラマート

主に成人の全般性強直間代発作に対する単剤・併用療法に用いられる抗てんかん剤。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

3~4日

25722
3L235

スチリペントール

難治性てんかんDravet症候群の発作に対し、クロバザム、バルプロ酸と併用される薬。種々の薬剤と相互作用があるためTDMを行う。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

3~5日

25904
3L240

ルフィナミド

てんかんの一種Lennox-Gastaut症候群に併用薬として使われる薬。薬剤により相互作用が異なるためTDMが有用。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

3~5日

26652
3L245

ペランパネル

抗てんかん薬。選択的AMPA型グルタミン酸受容体(AMPA受容体)拮抗剤であり、既存の抗てんかん薬とは異なる作用機序を持つ。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

3~4日

26735
3L248

ラコサミド

抗てんかん薬。電位依存性ナトリウムチャネルの緩徐な不活性化を選択的に促進することにより過興奮状態にある神経細胞膜を安定化させ、抗けいれん作用を発揮。既存の抗てんかん薬とは異なる作用機序を持つ。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

3~4日

12391

ビガバトリン

ビガバトリンはウエスト症候群に特化した抗てんかん薬

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

3~5日

04585

クロチアゼパム

心身症、自律神経失調症に用いられるベンゾジアゼピン系の心身安定剤。

薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤

4~6日

04586

フルニトラゼパム

ベンゾジアゼピン系の催眠鎮静・抗不安剤。安全性が高く、麻酔前投薬にも用いられる。

薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤

4~6日

04606
3L486

ミダゾラム

ベンゾジアゼピン系の催眠鎮静導入剤。麻酔前投薬や全身麻酔の導入及び維持などに用いられる。

薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤

4~6日

04607

エスタゾラム

不眠症の治療や、麻酔前投薬に用いられるベンゾジアゼピン系向精神薬。リトナビルとの併用で血中濃度が上昇

薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤

4~6日

04687

アルプラゾラム

心身症に広く用いられるベンゾジアゼピン系のマイナートランキライザー。

薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤

4~6日

04688

ブロチゾラム

チエノトリアゾロジアゼピン系の睡眠導入剤。催眠、抗不安、抗痙攣作用が強い。

薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤

4~6日

26782

エチゾラム

薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤

4~6日

26781
3L487

トリアゾラム

薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤

4~6日

26779

ニメタゼパム

薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤

4~6日

26780
3L110

ブロマゼパム

薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤

4~6日

26762

ベンゾジアゼピンスクリーニング

薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤

4~6日

26807
3L466

バルビツール酸スクリーニング 〈血清〉

抗てんかん剤や麻酔剤として用いられている。本検査はバルビタール酸系薬物を誘導体別に測定する。

薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤

6~11日

26812
3L466

バルビツール酸スクリーニング 〈尿〉

抗てんかん剤や麻酔剤として用いられている。本検査はバルビタール酸系薬物を誘導体別に測定する。

薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤

6~11日

26889

ゾルピデム

非ベンゾジアゼピン系構造を持ち、半減期が短い短期作用型の精神・神経系用薬。

薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤

4~6日

26890

ゾピクロン

非ベンゾジアゼピン系構造を持ち、半減期が短い短期作用型の精神・神経系用薬。

薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤

4~6日

00524
3L320

リチウム

双極性障害・躁状態の治療薬。中毒の予防と服薬コンプライアンスを見る目的で血中濃度を測定。

薬毒物検査
精神神経用剤

管理料[470]

2~3日

01603
3L300

ハロペリドール

統合失調症、双極性障害の治療に用いられるブチロフェノン系向精神薬の血中濃度測定。

薬毒物検査
精神神経用剤

管理料[470]

2~3日

05374
3L302

ブロムペリドール

抗幻覚、抗妄想作用を有するブチロフェノン系向精神薬。過剰投与で血圧降下、頻脈、錐体外路症状を呈する。

薬毒物検査
精神神経用剤

管理料[470]

2~3日

01597
3L265

クロルプロマジン

統合失調症や双極性障害に用いられる代表的向精神薬。血中濃度の推移には個人差が大きく、血中濃度測定が有用。

薬毒物検査
精神神経用剤

4~6日

25515
3L315

レボメプロマジン

薬毒物検査
精神神経用剤

4~6日

03233
3L255

アミトリプチリン・ノルトリプチリン

三環系抗うつ剤の一つ。他の抗うつ剤での効果が低い場合にも投与される。活性代謝物のノルトリプチリンを同時測定。

薬毒物検査
精神神経用剤

4~6日

03235
3L310

イミプラミン・デシプラミン

第一世代三環系抗うつ剤の一つ。活性代謝物のデシプラミンを同時測定。

薬毒物検査
精神神経用剤

4~6日

03201

三・四環系抗うつ薬スクリーニング

薬毒物検査
精神神経用剤

4~6日

01607
3L900

キニジン

心房細動などに用いられる代表的な抗不整脈薬。肝機能障害やジゴキシンとの併用が血中濃度に影響。

薬毒物検査
抗不整脈剤

管理料[470]

2~3日

01605
3L890

プロカインアミド

心臓の刺激伝導を抑制する抗不整脈剤。心機能が低下した患者では血中半減期が延長。

薬毒物検査
抗不整脈剤

管理料[470]

2~3日

01167
3L865

ジソピラミド

不整脈治療剤。特に腎機能障害患者での中毒予防に血中濃度を測定。

薬毒物検査
抗不整脈剤

管理料[470]

2~3日

01608
3L875

リドカイン

期外収縮、発作性頻脈の治療薬。肝疾患で半減期が延長する。

薬毒物検査
抗不整脈剤

管理料[470]

2~3日

03722
3L855

アプリンジン

頻脈性不整脈の治療剤。血中濃度測定で過剰投与を予防。

薬毒物検査
抗不整脈剤

管理料[470]

3~4日

05092
3L896

ピルシカイニド

頻脈性不整脈治療剤。腎機能をみながら血中濃度測定を行う。

薬毒物検査
抗不整脈剤

管理料[470]

3~4日

04896
3L897

プロパフェノン

Naチャネル遮断薬で、Ⅰa群に属する頻脈性不整脈の治療剤。代謝速度の個人差が大きいため血中濃度測定が有用。

薬毒物検査
抗不整脈剤

管理料[470]

3~5日

02494
3L880

メキシレチン

心室性不整脈に有効性が高い抗不整脈剤。副作用に徐脈、QRS延長。

薬毒物検査
抗不整脈剤

管理料[470]

3~4日

05734
3L800

アミオダロン

クラスⅢに分類される強力な抗不整脈剤。血中半減期がきわめて長いため、副作用や併用薬に注意。

薬毒物検査
抗不整脈剤

管理料[470]

3~4日

08704
3L899

ピルメノール

クラスⅠaに分類される心室性の頻脈性不整脈治療剤。腎不全合併例では半減期が延長。

薬毒物検査
抗不整脈剤

管理料[470]

3~6日

05717
3L898

シベンゾリン

クラスⅠaの作用を示す抗不整脈剤。頻脈性不整脈患者で他の抗不整脈剤が使用できないか、又は無効の場合に使用。

薬毒物検査
抗不整脈剤

管理料[470]

3~4日

05309
3L905

フレカイニド

頻脈性不整脈の強力な治療剤。主として肝臓のCYP2D6で代謝され、相互作用に注意を要するため、薬物濃度測定が行われる。

薬毒物検査
抗不整脈剤

管理料[470]

3~4日

25714
3L802

ベプリジル

持続性心房細動や心室性の頻脈性不整脈、狭心症の治療薬。QT時間の延長と催不整脈作用に注意しながら血中濃度を測定。

薬毒物検査
抗不整脈剤

管理料[470]

3~4日

25715
3L801

ソタロール

比較的重症な心室細動、心室頻拍で経口投与される抗不整脈剤。用量依存的にQT延長とTorsades de pointesを招きやすいため血中濃度を測定。

薬毒物検査
抗不整脈剤

管理料[470]

3~6日

01600
3L765

ジゴキシン

代表的なジギタリス性強心配糖体。とくに腎機能が低下した患者で至適投与量を知るために血中濃度を測定。

薬毒物検査
強心剤

管理料[470]

2~3日

01602
3M070

テオフィリン

喘息等で用いられる代表的なキサンチン系気管支拡張剤。中毒で振戦、頻脈を来たすため、血中濃度測定は特に重要。

薬毒物検査
気管支拡張剤

管理料[470]

2~3日

01610
3M606

ゲンタマイシン

代表的なアミノグリコシド系抗生物質。排泄は腎機能に依存し、血中濃度測定が重要。

薬毒物検査
抗生剤・抗ウイルス剤

管理料[470]

2~3日

01611
3M602

トブラマイシン

緑膿菌、変形菌などに有効なアミノグリコシド系抗生物質。腎障害をきたすおそれがあり、血中濃度測定は有用。

薬毒物検査
抗生剤・抗ウイルス剤

管理料[470]

2~3日

01612
3M601

アミカシン

ゲンタマイシン耐性緑膿菌等に効く抗生剤。血中濃度測定で腎毒性、聴神経障害を予防。

薬毒物検査
抗生剤・抗ウイルス剤

管理料[470]

2~3日

06523
3M613

アルベカシン

メチシリン・セフェム耐性の黄色ブドウ球菌に有効なアミノグルコシド系抗生物質。腎機能低下者での副作用発現に注意。

薬毒物検査
抗生剤・抗ウイルス剤

管理料[470]

2~3日

04161
3M530

バンコマイシン

MRSAに有効なグリコペプチド系抗生物質。腎機能障害患者で排泄率が低下するため血中濃度測定が有用。

薬毒物検査
抗生剤・抗ウイルス剤

管理料[470]

2~3日

01786
3M532

テイコプラニン

MRSAに優れた抗菌力をもつグリコペプタイド系抗生物質。腎障害例や高齢者では血中濃度測定を行い慎重に投与。

薬毒物検査
抗生剤・抗ウイルス剤

管理料[470]

2~3日

06515
3M698

ボリコナゾール

トリアゾール系抗真菌剤で様々な難治性深在性真菌症に効果を示すが、肝機能障害などの重篤な副作用を発現することがあるので注意。

薬毒物検査
抗真菌剤

管理料[470]

3~4日

00369
3L005

アセトアミノフェン

解熱・鎮痛剤の血中濃度測定。

薬毒物検査
解熱・鎮痛剤

185

生Ⅰ

2~3日

27038
3L695

メサドン

医療用オピオイド。

薬毒物検査
鎮痛剤

5~11日

26783
3L700

モルヒネ

医療用オピオイド。

薬毒物検査
鎮痛剤

5~11日

26787

オキシコドン

医療用オピオイド。

薬毒物検査
鎮痛剤

5~11日

26788

フェンタニル

医療用オピオイド。

薬毒物検査
鎮痛剤

5~11日

26789
3M005

コデイン

医療用オピオイド。

薬毒物検査
鎮痛剤

5~11日

12392

プレガバリン

プレガバリンは神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛に効果を示す薬剤

薬毒物検査
鎮痛剤

3~5日

02942
3M205

サリチル酸 (アスピリン)

代表的な解熱・鎮痛剤の血中濃度測定。

薬毒物検査
抗炎症・抗リウマチ剤

管理料[470]

2~3日

25516
3M265

プロメタジン

薬毒物検査
抗ヒスタミン・抗パーキンソン薬

4~6日

12479
3L555

L-ドーパ

脳内でドーパミンに転換され、パーキンソン病の症状を改善する薬剤。血中濃度測定で過剰投与を予防。

薬毒物検査
抗パーキンソン薬

3~5日

00368
3M725

メトトレキサート

白血病、絨毛性疾患の治療に使われる葉酸代謝拮抗剤。著明な骨髄抑制と腎毒性があり血中濃度測定が重要。

薬毒物検査
抗悪性腫瘍剤

管理料[470]

2~3日

26204
3M817

6-チオグアニンヌクレオチド (6-TGN)

抗悪性腫瘍剤6-メルカプトプリンや免疫抑制剤アザチオプリンの代謝産物。副作用回避を目的に血中濃度が測定される。

薬毒物検査
抗悪性腫瘍剤

6~8日

25717
3M750

イマチニブ

チロシンキナーゼを阻害する分子標的薬。慢性骨髄性白血病や一部の急性リンパ性白血病、GISTの治療に用いられる。

薬毒物検査
抗悪性腫瘍剤

管理料[470]

3~6日

04479
3M805

シクロスポリン

免疫抑制剤。臓器移植や自己免疫疾患に用いられる。経口投与時の血中濃度推移には個人差が大きいため、濃度測定を行う。

薬毒物検査
免疫抑制剤

管理料[470]

2~3日

05534
3M810

タクロリムス

FK506とも呼ばれる免疫抑制剤。シクロスポリンより選択的にT細胞の活性化を抑える。主に肝・腎・骨髄の移植時で拒絶反応の抑制に有効。

薬毒物検査
免疫抑制剤

管理料[470]

2~3日

26229
3M814

シロリムス

肺リンパ脈管筋腫症(LAM)の新しい治療薬。CYP3A4を介して代謝されるため併用薬留意の上、TDMが推奨される。

薬毒物検査
免疫抑制剤

管理料[470]

4~10日

25787
3M815

エベロリムス

心・腎臓などの臓器移植に用いられる免疫抑制剤。抗癌剤として用いられる場合もある

薬毒物検査
免疫抑制剤

管理料[470]

2~3日

25716
3M816

ミコフェノール酸

臓器移植後の拒絶反応を抑制する免疫抑制剤代謝速度に個人差が大きい上、血中濃度は腎不全で上昇、併用薬によっては低下する。

薬毒物検査
免疫抑制剤

管理料[470]

3~4日

3L970

乱用薬物検査 (ISO/IEC 17025認定)

代表的な違法薬物12種を検出する検査

薬毒物検査
規制薬・農薬

3~4日

25752
3L970

乱用薬物スクリーニング

代表的な違法薬物12種を検出する検査

薬毒物検査
規制薬・農薬

3~4日

05794
3L965

覚せい剤検査 〈尿〉

覚醒作用のある違法薬物である覚せい剤を検出する検査

薬毒物検査
規制薬・農薬

3~4日

27035
3L965

覚せい剤検査 〈血清〉

覚醒作用のある違法薬物である覚せい剤を検出する検査

薬毒物検査
規制薬・農薬

5~11日

05244
3L975

アヘン系麻薬検査

麻薬及び向精神薬取締法で規制されているアヘンアルカロイド系麻薬(コデイン、モルヒネ、6-アセチルモルヒネ)を検出する検査

薬毒物検査
規制薬・農薬

3~4日

08821

コカイン系麻薬検査

麻薬及び向精神薬取締法で規制されているコカインを検出する検査

薬毒物検査
規制薬・農薬

3~4日

08691

大麻・マリファナ検査

大麻取締法で規制されている大麻成分であるTHCを検出する検査

薬毒物検査
規制薬・農薬

3~4日

25778

幻覚剤検査

麻薬及び向精神薬取締法で規制されている幻覚剤(MDA、MDMA、MDEA、フェンシクリジン)を検出する検査

薬毒物検査
規制薬・農薬

3~4日

27041

ジヒドロコデイン

薬毒物検査
規制薬・農薬

3~4日

27365
3K175

農薬スクリーニング 〈血液〉

薬毒物検査
規制薬・農薬

7~12日

27388
3K175

農薬スクリーニング 〈尿〉

薬毒物検査
規制薬・農薬

7~12日

01328
3K190

パラコート

薬毒物検査
規制薬・農薬

4~10日

「薬毒物検査」分野共通の特記事項

  • [ご注意]血中薬物検査をご依頼の際は、分離剤入り採血管は使用しないでください(測定値が分離剤の影響を受ける場合があります)。

フリーワード検索

検索したい言葉を入れてください。(複数入力の場合はスペースで区切ってください)

複数入力の場合の絞り込み:
ページトップへ