検査項目解説 掲載内容は、2022 年 5 月 1 日時点の情報です。

アルファベット検索 > H

項目コード 検査項目 分類 実施料
判断科区分
所要日数

03000
3D046

HbA1c(NGSP)<酵素法>

糖が非酵素的に結合したヘモグロビン。糖尿病患者における過去1~3カ月の長期血糖コントロールの指標。

生化学検査
糖・有機酸

49

血液

1~3日

01524
2C010

ヘモグロビンF (胎児ヘモグロビン)(HbF)

胎児期に生成されるヘモグロビン。サラセミアや再生不良性貧血など様々な血液疾患で認められる。

生化学検査
糖・有機酸

60

血液

2~3日

00108
3F070

HDL-コレステロール (HDL-Cho)

HDLというリポ蛋白の粒子に含まれるコレステロール。一般に善玉コレステロールと呼ばれ、低値は動脈硬化の危険因子。

生化学検査
脂質

包括17

生Ⅰ

1~2日

03988
3K150

水銀 (Hg) 〈血液〉

水俣病等の中毒を発症させる蓄積性の有害金属。

生化学検査
電解質・微量金属

5~10日

04014
3K025

馬尿酸 (HA)

厚生労働省「有機溶剤中毒予防規則」で指定された、トルエン(馬尿酸)またはキシレン(メチル馬尿酸)作業従事者の検査。

生化学検査
産業衛生関連検査

4~5日

26981
4E055

ホモバニリン酸 (HVA) 〈尿〉

ドーパミンの最終代謝産物。カテコールアミンの分泌状態を反映して高値を示す。

内分泌学検査
副腎髄質・交感神経・中枢神経

69

生Ⅱ

3~4日

01066
4F080

ヒト絨毛性ゴナドトロピン (HCG) 〈血清〉

胎盤絨毛細胞から分泌される性腺刺激ホルモン。妊娠の診断や絨毛性疾患の管理などに用いられる。

内分泌学検査
胎盤

包括134

生Ⅱ

2~3日

03922
4Z270

ヒト心房性Na利尿ペプチド (hANP)

主として心房で合成・貯蔵され血中に分泌されるホルモン。各種心疾患および腎疾患で重症度に並行して高値となる。

内分泌学検査
その他

包括221

生Ⅱ

2~3日

04755
4Z315

肝細胞増殖因子 (HGF)

劇症肝炎患者の血中で増加し、非常に強い肝細胞増殖活性をもつ蛋白。肝炎劇症化の予知と治療開始の指標として用いられる。

内分泌学検査
その他

227

生Ⅰ

2~8日

27034
5D110

HE4 (ヒト精巣上体蛋白4)

卵巣癌の腫瘍マーカーとして、臨床的感度ではCA125に及ばない一方、特異性は高い。

腫瘍関連検査
腫瘍関連検査

包括200

生Ⅱ

3~5日

12834
4F090

遊離HCG-β (HCG-βサブユニット)

ヒト絨毛性ゴナドトロピンに特異的な構造部分を定量。胞状奇胎や絨毛癌、睾丸腫瘍で高値になる。

腫瘍関連検査
腫瘍関連検査

包括132

生Ⅱ

2~3日

09752
5D590

HER2蛋白定量

Epidermal Growth Factor受容体分子に類似した蛋白質。癌遺伝子により産生され、高度に発現している乳癌では予後不良とされるが、抗癌剤奏効の予測にも用いられる。

腫瘍関連検査
腫瘍関連検査

2~5日

00262
5F190

単純ヘルペス(HSV) 《CF》

1型は「口唇ヘルペス」、2型は「性器ヘルペス」として分類。最近ではSTD(性行為感染症)として重要。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

79

免疫

3~5日

03030
5F190

単純ヘルペス(HSV) IgG《EIA》

1型は「口唇ヘルペス」、2型は「性器ヘルペス」として分類。最近ではSTD(性行為感染症)として重要。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

206

免疫

3~5日

03033
5F190

単純ヘルペス(HSV) IgM《EIA》

1型は「口唇ヘルペス」、2型は「性器ヘルペス」として分類。最近ではSTD(性行為感染症)として重要。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

206

免疫

3~5日

00352
5F191

単純ヘルペス(HSV) 1型《NT》

1型は「口唇ヘルペス」、2型は「性器ヘルペス」として分類。最近ではSTD(性行為感染症)として重要。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

79

免疫

10~15日

00364
5F192

単純ヘルペス(HSV) 2型《NT》

1型は「口唇ヘルペス」、2型は「性器ヘルペス」として分類。最近ではSTD(性行為感染症)として重要。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

79

免疫

10~15日

09782
5F350

IgG-HA抗体

A型肝炎ウイルス感染の既往と病態把握のための検査。初感染の診断には IgM-HA抗体。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

包括146

免疫

2~3日

09785
5F350

IgM-HA抗体

A型肝炎ウイルス感染の既往と病態把握のための検査。初感染の診断には IgM-HA抗体。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

包括146

免疫

2~3日

01391
5F016

HBs抗原

B型肝炎ウイルス外被の表面抗原。HBs抗原陽性は現在のウイルスの感染を、抗体陽性は過去の感染既往を意味する。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

包括88

免疫

2~3日

26037
5F016

高感度HBs抗原

通常のHBs抗原より約10倍高感度とされる検査。de novo肝炎の診断に有用で、持続感染の再燃診断でとくに有用。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

包括88

免疫

3~4日

00229
5F016

HBs抗体 《凝集法》

B型肝炎ウイルス外被の表面抗原。HBs抗原陽性は現在のウイルスの感染を、抗体陽性は過去の感染既往を意味する。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

32

免疫

2~4日

01530
5F016

HBs抗体 《CLIA》

B型肝炎ウイルス外被の表面抗原。HBs抗原陽性は現在のウイルスの感染を、抗体陽性は過去の感染既往を意味する。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

包括88

免疫

2~3日

02232
5F019

HBe抗原

HBe抗原はB型肝炎ウイルスの感染性の指標。HBe抗体は病態沈静化の指標だが、変異株の場合はウイルス消失を意味しない。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

包括101

免疫

2~3日

02235
5F019

HBe抗体

HBe抗原はB型肝炎ウイルスの感染性の指標。HBe抗体は病態沈静化の指標だが、変異株の場合はウイルス消失を意味しない。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

包括101

免疫

2~3日

01874
5F018

HBc抗体 《凝集法》

B型肝炎ウイルスのコア蛋白に対する抗体。感染早期より出現し長期間陽性。キャリアは特に高値。IgM-HBc抗体は感染初期のみ出現。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

包括133

免疫

3~5日

08141
5F018

HBc抗体 《CLIA》

B型肝炎ウイルスのコア蛋白に対する抗体。感染早期より出現し長期間陽性。キャリアは特に高値。IgM-HBc抗体は感染初期のみ出現。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

包括133

免疫

2~3日

02238
5F018

IgM-HBc抗体

B型肝炎ウイルスのコア蛋白に対する抗体。感染早期より出現し長期間陽性。キャリアは特に高値。IgM-HBc抗体は感染初期のみ出現。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

包括146

免疫

2~3日

25563
5F020

B型肝炎ウイルスコア関連抗原 (HBcrAg)

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

包括259

免疫

3~6日

26995
5F015

HBV-DNA定量 《TaqManPCR法》

血中のB型肝炎ウイルスの遺伝子量を、TaqManPCRで迅速・高感度に定量する検査。とくに治療中の再燃検出に有効。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

263

微生

3~4日

27265
5F015

輸血等確認HBV-DNA定量 《TaqManPCR法》

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

263

微生

3~4日

25519
5F015

HBVジェノタイプ判定 《EIA》

B型肝炎ウイルスの遺伝子型をEIA法でA、B、C、Dの4型に判別。B型肝炎の予後予測と治療薬選択に有用。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

包括340

免疫

3~9日

07366
5F037

HBVプレコア/コアプロモーター変異検出

劇症型に移行しやすい遺伝子変異を持ったB型肝炎ウイルスを同定する検査。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

450

微生

3~6日

02491
5F360

HCV抗体-Ⅱ

HCV感染のスクリーニングに広く用いられる検査。第一世代より感度が高く、感染後、早期に陽性となる。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

包括105

免疫

2~3日

09788
5F360

HCV抗体-Ⅲ

第二世代のHCV抗体アッセイ系にNS5領域をプラス。スクリーニング目的での有用性は第二世代とほぼ同等。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

包括105

免疫

2~3日

05344
5F360

HCV群別 (グルーピング)

C型肝炎ウイルスの遺伝子型を簡便に判定する検査。グループ1はグループ2よりもインターフェロンが奏功し難い。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

包括221

免疫

2~3日

08896
5F360

HCVコア抗原

C型肝炎ウイルス抗原を定量する検査。高感度な上、ウイルス核酸検出より安価のため、治療効果の追跡に有用。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

包括105

免疫

2~3日

08937
5F360

HCV-RNA定量 《TaqManPCR法》

PCR法を用いてHCVのRNA量を定量する検査。検出感度が高く、感染の診断やモニタリングに用いられる。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

424

微生

3~4日

00008
5F360

HCVサブタイプ系統解析

HCVは塩基配列による分類ができ、この違いがインターフェロン治療効果を左右する。本検査はグルーピングを行うことで遺伝子型の簡便な推測が可能となる。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

5~7日

26404
5F363

HCV薬剤耐性変異解析 (NS5A)

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

8~11日

25576
5F370

IgA-HEV抗体

主として獣肉の喫食で経口感染する肝炎ウイルス。不顕性が多いが、妊婦が感染すると重症化することがある。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

包括210

免疫

3~9日

04478
5F370

HEV-RNA同定

E型肝炎ウイルス(HEV)はカリシウイルス科に属するRNAウイルス

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

4~9日

12645
5F560

HIV抗原・抗体 《スクリーニング》

HIV-1、-2の抗体および抗原を同時に検出するHIV感染のスクリーニング検査。陽性時はウエスタンブロット法で確認が必要。

ウイルス学検査
レトロウイルス

127

免疫

2~3日

12324
5F500

HIV-1/2抗体確認検査

ウイルス学検査
レトロウイルス

660

免疫

3~6日

03067
5F550

HIV-2抗体 《確認試験》

ウイルス学検査
レトロウイルス

3~9日

08943
5F500

HIV-1 RNA定量 《TaqManPCR法》

ヒト後天性免疫不全ウイルス1型(HIV-1)のRNAを検出する検査。抗原・抗体より早期からウイルスを検出でき、病勢を反映。

ウイルス学検査
レトロウイルス

520

微生

3~4日

05452
5F500

HIV-ジェノタイプ薬剤耐性検査

ウイルス学検査
レトロウイルス

6000

微生

7~12日

30318
5F450

HTLV-Ⅰ抗体 (ATLA抗体)《スクリーニング》

妊婦健康診査におけるウエスタンブロット法での「判定保留」例におけるHTLV-1感染の確定診断に有用。

ウイルス学検査
レトロウイルス

163

免疫

2~3日

25920
5F450

HTLV-Ⅰ抗体 (ATLA抗体)《スクリーニング》

妊婦健康診査におけるウエスタンブロット法での「判定保留」例におけるHTLV-1感染の確定診断に有用。

ウイルス学検査
レトロウイルス

85

免疫

2~4日

27528
5F460

HTLV-Ⅰ抗体 (ATLA抗体)《確認試験》

妊婦健康診査におけるウエスタンブロット法での「判定保留」例におけるHTLV-1感染の確定診断に有用。

ウイルス学検査
レトロウイルス

425

免疫

3~9日

27122
5F450

HTLV-1核酸同定

妊婦健康診査におけるウエスタンブロット法での「判定保留」例におけるHTLV-1感染の確定診断に有用。

ウイルス学検査
レトロウイルス

450

微生

5~16日

03676
5F190

単純ヘルペスウイルス特異抗原

ウイルス学検査
ウイルス抗原の検出

180

免疫

3~5日

25483
5F100

HPV型別

尖圭コンジローマ、子宮頸部癌と関連深いパピローマ・ウイルスのDNA診断。ウイルス型により低リスク型群と中・高リスク型群に分けて有無が判別される。

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

5~10日

08129
5F101

HPV-DNA同定 [中~高リスク型]《ハイブリッドキャプチャー法》

尖圭コンジローマ、子宮頸部癌と関連深いパピローマ・ウイルスのDNA診断。ウイルス型により低リスク型群と中・高リスク型群に分けて有無が判別される。

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

350

微生

2~3日

25840
5F101

HPV-DNA簡易ジェノタイプ判定 《TaqManPCR法》

尖圭コンジローマ、子宮頸部癌と関連深いパピローマ・ウイルスのDNA診断。ウイルス型により低リスク型群と中・高リスク型群に分けて有無が判別される。

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

352

微生

3~4日

27254
5F101

HPV簡易ジェノタイプ判定 (9種判別)

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、子宮頸がん発症の原因ウイルスとして知られている。

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

352

微生

3~5日

25527
5F101

HPVジェノタイプ判定

尖圭コンジローマ、子宮頸部癌と関連深いパピローマ・ウイルスのDNA診断。ウイルス型により低リスク型群と中・高リスク型群に分けて有無が判別される。

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

2000

微生

3~6日

04859
5F190

単純ヘルペスウイルス(HSV) DNA同定

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

5~7日

04804
5F190

単純ヘルペスウイルス(HSV) DNA定量

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

2~4日

07484
5F190

単純ヘルペスウイルス(HSV) DNA定量〈リンパ球〉

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

3~5日

05329
5F210

ヒトヘルペスウイルス6型(HHV6) DNA同定

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

5~7日

04814
5F210

ヒトヘルペスウイルス6型(HHV6) DNA定量

リアルタイムPCR法で各種ヘルペスウイルスのDNAを同時に定量。ウイルスの再活性化を早期に判定できる。

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

2~4日

07507
5F210

ヒトヘルペスウイルス6型(HHV6) DNA定量〈リンパ球〉

リアルタイムPCR法で各種ヘルペスウイルスのDNAを同時に定量。ウイルスの再活性化を早期に判定できる。

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

3~5日

04816
5F211

ヒトヘルペスウイルス7型(HHV7) DNA定量

リアルタイムPCR法で各種ヘルペスウイルスのDNAを同時に定量。ウイルスの再活性化を早期に判定できる。

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

2~4日

07513
5F211

ヒトヘルペスウイルス7型(HHV7) DNA定量〈リンパ球〉

リアルタイムPCR法で各種ヘルペスウイルスのDNAを同時に定量。ウイルスの再活性化を早期に判定できる。

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

3~5日

04857
5F212

ヒトヘルペスウイルス8型(HHV8) DNA定量

リアルタイムPCR法で各種ヘルペスウイルスのDNAを同時に定量。ウイルスの再活性化を早期に判定できる。

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

2~4日

07515
5F212

ヒトヘルペスウイルス8型(HHV8) DNA定量〈リンパ球〉

リアルタイムPCR法で各種ヘルペスウイルスのDNAを同時に定量。ウイルスの再活性化を早期に判定できる。

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

3~5日

00243
5C041

ハプトグロビン (Hp) (型判定)

ヘモグロビンと特異的に結合する糖蛋白質。溶血で減少し、炎症性疾患で血中に増加。

免疫血清学検査
蛋白

132

免疫

4~5日

08049
5C091

ヒト心臓由来脂肪酸結合蛋白 (H-FABP)

遊離脂肪酸の細胞内輸送に関与する低分子可溶性蛋白。心筋に特異的で、早期における急性心筋梗塞の診断指標。

免疫血清学検査
蛋白

135

生Ⅰ

2~8日

15028
5G530

HIT抗体 (血小板第4因子-ヘパリン複合体抗体)[自己免疫関連]

抗凝固薬ヘパリン投与で惹起される血小板減少症の診断マーカー。陽性の場合、ヘパリン使用は禁忌とされる。

免疫血清学検査
自己免疫関連

390

免疫

2~3日

49053
00000

HTLV-1/ATL HAS-Flow解析

CD7の発現低下やCADM1の発現増加を評価可能であり、HTLV-1感染からATL発症に至るまでの病態把握や発症予測に有用

細胞性免疫検査
細胞形態検査

2~3日

07874
5K020

HLA型判定(A, B Locus)

HLA-A,BならびにHLA-DR型を決定する検査。臓器移植での適合性判定には必須。

細胞性免疫検査
組織適合性抗原

3~5日

07875
5K065

HLA型判定(DR Locus)

HLA-A,BならびにHLA-DR型を決定する検査。臓器移植での適合性判定には必須。

細胞性免疫検査
組織適合性抗原

3~5日

07512
5K116

HLA遺伝子型判定(A Locus)

HLAのクラスⅠ(A, B, C)を遺伝子レベルで詳細に型判別できる検査。移植臓器の適合性判定にきわめて有用。

細胞性免疫検査
組織適合性抗原

5~8日

07514
5K117

HLA遺伝子型判定(B Locus)

HLAのクラスⅠ(A, B, C)を遺伝子レベルで詳細に型判別できる検査。移植臓器の適合性判定にきわめて有用。

細胞性免疫検査
組織適合性抗原

5~8日

07516
5K118

HLA遺伝子型判定(C Locus)

HLAのクラスⅠ(A, B, C)を遺伝子レベルで詳細に型判別できる検査。移植臓器の適合性判定にきわめて有用。

細胞性免疫検査
組織適合性抗原

5~8日

08432
5K120

HLA遺伝子型判定(DRB1)

HLAのクラスⅡ(DR, DQ, DP)の型を遺伝子レベルで同定する検査。

細胞性免疫検査
組織適合性抗原

5~8日

04459
5K129

HLA遺伝子型判定(DQA1)

HLAのクラスⅡ(DR, DQ, DP)の型を遺伝子レベルで同定する検査。

細胞性免疫検査
組織適合性抗原

4~10日

08282
5K130

HLA遺伝子型判定(DQB1)

HLAのクラスⅡ(DR, DQ, DP)の型を遺伝子レベルで同定する検査。

細胞性免疫検査
組織適合性抗原

5~8日

08283
5K121

HLA遺伝子型判定(DPB1)

HLAのクラスⅡ(DR, DQ, DP)の型を遺伝子レベルで同定する検査。

細胞性免疫検査
組織適合性抗原

5~8日

27624
5G535

抗HLA抗体スクリーニング検査 (FlowPRA、ClassⅠ&Ⅱ)

臓器移植、造血細胞移植、輸血、妊娠などの非自己タンパクによる刺激に関して、拒絶因子の抗HLA抗体の早期発見のために行う。

細胞性免疫検査
組織適合性抗原

1000

免疫

4~7日

27626
5G536

抗HLA抗体シングル同定検査 ClassⅠ(LS)

臓器移植、造血細胞移植、輸血、妊娠などの非自己タンパクによる刺激に関して、拒絶因子の抗HLA抗体の早期発見のために行う。

細胞性免疫検査
組織適合性抗原

4850

免疫

4~7日

27627
5G537

抗HLA抗体シングル同定検査 ClassⅡ(LS)

臓器移植、造血細胞移植、輸血、妊娠などの非自己タンパクによる刺激に関して、拒絶因子の抗HLA抗体の早期発見のために行う。

細胞性免疫検査
組織適合性抗原

4850

免疫

4~7日

27642
5G535

抗HLA抗体スクリーニング検査 (LC、ClassⅠ&Ⅱ)

臓器移植、造血細胞移植、輸血、妊娠などの非自己タンパクによる刺激に関して、拒絶因子の抗HLA抗体の早期発見のために行う。

細胞性免疫検査
組織適合性抗原

1000

免疫

4~7日

27643
5G536

抗HLA抗体シングル同定検査 ClassⅠ(LC)

臓器移植、造血細胞移植、輸血、妊娠などの非自己タンパクによる刺激に関して、拒絶因子の抗HLA抗体の早期発見のために行う。

細胞性免疫検査
組織適合性抗原

4850

免疫

4~7日

27644
5G537

抗HLA抗体シングル同定検査 ClassⅡ(LC)

臓器移植、造血細胞移植、輸血、妊娠などの非自己タンパクによる刺激に関して、拒絶因子の抗HLA抗体の早期発見のために行う。

細胞性免疫検査
組織適合性抗原

4850

免疫

4~7日

06701
5F455

HTLV-Ⅰプロウイルスクロナリティー解析

遺伝子関連検査
ウイルス関連遺伝子

14~20日

00503
2A030

ヘモグロビン (Hb)

血液中の血色素であるヘモグロビン量を測定する検査。貧血等の血液疾患のスクリーニング検査として用いられる。

血液学検査
血球計数

21

血液

1~2日

00504
2A040

ヘマトクリット (Ht)

血液中に占める赤血球の全容積をパーセント表示した値。貧血のスクリーニングと分類に用いられ、貧血で低値。

血液学検査
血球計数

21

血液

1~2日

15028
5G530

HIT抗体 (血小板第4因子-ヘパリン複合体抗体)[出血凝固検査]

抗凝固薬ヘパリン投与で惹起される血小板減少症の診断マーカー。陽性の場合、ヘパリン使用は禁忌とされる。

血液学検査
出血凝固検査

390

免疫

2~3日

01015
5D590

乳癌HER2/neu 《IHC法》

乳癌の治療薬トラスツズマブ(ハーセプチン)の効果を推定する検査

病理学検査
病理組織検査

690

病理

6~10日

02303
8C053

乳癌HER2/neu 《FISH法》

乳癌の治療薬トラスツズマブ(ハーセプチン)の効果を推定する検査

病理学検査
病理組織検査

2700

病理

9~13日

50017
5D590

胃癌HER2/neu 《IHC法》

病理学検査
病理組織検査

690

病理

6~10日

50018
8C053

胃癌HER2/neu 《FISH法》

病理学検査
病理組織検査

2700

病理

9~13日

50103
5D590

大腸癌HER2/neu(4B5) 《IHC法》

病理学検査
病理組織検査

690

病理

6~10日

50105
8C053

大腸癌HER2/neu 《FISH法》

病理学検査
病理組織検査

2700

病理

9~13日

03001
3D046

HbA1c(NGSP)<ステップワイズHPLC(SW-HPLC)>

糖が非酵素的に結合したヘモグロビン。糖尿病患者における過去1~3カ月の長期血糖コントロールの指標。

その他検査

49

血液

2~3日

フリーワード検索

検索したい言葉を入れてください。(複数入力の場合は半角スペースで区切ってください)

複数入力の場合の絞り込み:
ページトップへ